著者リスト

長谷川俊道ハセガワトシミチ

長谷川俊道

プロフィール

天文12年(1543年)創建の瑞岩寺副住職。社会福祉法人毛里田睦会理事長(札幌市麻生むつみ保育園、横浜市北寺尾むつみ保育園、毛里田児童クラブを運営)。毛里田保育園園長。
1967年2月27日、群馬県生まれ。駒澤大学仏教学部禅学科卒業後、福井県の永平寺で3年余り修行。修了後は永平寺から群馬の自宅まで1か月かけて托鉢しながら帰宅する。その後、東京・東久留米のお寺を経て、ハワイのパールハーバーのお寺に赴任。お寺が財務公開していることや葬式の安さ(1回100ドル)などにカルチャーショックを受ける。
7年半ハワイで住職として過ごした後、日本に帰国し、実家の瑞岩寺の副住職に就任するも経営状況の悪さに愕然とし、まずは補助金に頼らない保育園経営に着手。群馬県の保育園で初めてISO9001を取得するなど顧客満足度の向上に取り組み、当時56%だった顧客満足度が95%まで上昇。今では他県からも園児がやってくるほどの人気保育園となる。また、お寺の改革についても、お寺でコンサートやライブ、講演会を主催したり、周囲の大反対を押し切って収支計算書をホームページにアップし、財務諸表を檀家にペーパーで配布するなど、伝統的なお寺としてはありえない新奇の経営を断行。
モットーは、すべての人に「あなたに会えてよかった」と言われること。現在、「こまった時の聴きこみ寺」というポッドキャストの番組を持ち、人生相談・悩み相談も行っている。夢は、境内に特別養護老人ホームやデイケアサービスなどの複合施設を建立し、「生老病死」の四苦に寄り添うお寺を実現すること。

リンク

著書