著者リスト

ルートヴィヒ・ヴィトゲンシュタイン

プロフィール

Ludwing Wittgenstein(1889-1951)

オーストリア・ハンガリー帝国の大富豪の家に生まれる。幼い頃から文学書、哲学書、数学書に読みふける。理工系の学問に興味を持ち、ベルリン工科大学やマンチェスター大学工学部でジェット推進プロペラの設計に打ち込むが、やがて数学基礎論に関心が移り、ケンブリッジ大学のラッセルのもとで数学、論理学、哲学を学ぶ。第一次世界大戦ではオーストリア軍に志願して戦った。1922年、従軍時も含め6年越しで書いた『論理哲学論考』を出版し、当時の哲学界に衝撃を与える。これは彼の生前に出た唯一の哲学書である。この本を書いたことで哲学についてはもう何もすることがなくなったと感じ、親から受け継いだ莫大な財産を兄弟に譲って小学校教師や修道院の庭師などとして働く。約10年後、40歳でケンブリッジ大学に復学、博士号を取得。50歳で教授となる。58歳で辞職、62歳で死去。

著書