著者リスト

瀬木比呂志セギヒロシ

プロフィール

瀬木比呂志(せぎ・ひろし)

1954年名古屋市生まれ。東京大学法学部在学中に司法試験に合格。1979年以降裁判官として東京地裁、最高裁等に勤務、アメリカ留学。並行して研究、執筆や学会報告を行う。2012年明治大学法科大学院専任教授に転身。民事訴訟法等の講義と関連の演習を担当。著書に、『絶望の裁判所』『ニッポンの裁判』(ともに講験社現代新書)、小説『黒い巨塔最高裁判所』(講観社)、ジャーナリスト清水潔氏との対談『裁判所の正体一法服を着た役人たち』( 新潮社)、『民事訴訟の本質と諸相H民事保全法〔新訂版〕』『民事訴訟実務・制度要論』(いずれも日本評論社)等多数の一般書・専門書のほか、関根牧彦の筆名による『内的転向論』(思想の科学社)、『心を求めて』『映画館の妖精』(ともに騒人社)、『対話としての読書』(判例タイムズ社)があり、文学、音楽(ロック、クラシック、ジャズ等)、映画、漫画については、専門分野に準じて詳しい。2015年、『ニッポンの戴判』によって第二回城山三郎賞を受賞。

著書