著者リスト

大鐘稔彦オオガネトシヒコ

プロフィール

1943年愛知県生まれ。1968年京都大学医学部卒。母校の関連病院を経て、1977年上京。民間病院の外科部長、院長を歴任。その間に「日本の医療を良くする会」を起会、関東で初のホスピス病棟を備えた病院の創設や、手術の公開など先駆的医療を行う。「エホバの証人」の無輸血手術68件を含む約6千件の手術経験を経て、1999年に30年執ってきたメスを置き、南あわじ市の公的診療所に着任。地域医療に従事して今日に至る。医学専門書のほか、エッセイ、小説を手がけ、アウトサイダーの外科医を主人公とした『孤高のメス(全10巻)』(幻冬舎文庫)は165万部のミリオンセラーとなり、映画化された。乳癌に冒された看護師をヒロインとした『緋色のメス』(同)も10万部を超えるベストセラーとなっている。産経新聞に「忘れ得ぬ人々―私が出会った病者たち」(エッセイ)を連載。

著書