著者 ・ 記事の検索

'不透明な時代を見抜く'の検索結果

全235件
  • 神永正博

    東北学院大学工学部電気情報工学科准教授。博士(理学/大阪大学)。
    1967年東京生まれ。
    東京理科大学理学部数学科卒業、京都大学大学院理学研究科数学専攻博士課程中退。
    東京電機大学理工学部情報科学科助手、日立製作所中央研究所研究員を経て現職。
    専門分野は、数学(シュレーディンガー作用素論、数理物理学)と工学(ハードウェアセキュリティ)。
    2010年4月より1年間、Institute of Mathematical
    Sciencesリサーチフェローとしてインド在住。
    2009年『不透明な時代を見抜く「統計思考力」―小泉改革は格差を拡大したのか?』でビジネス書大賞マスコミ・ブロガー賞受賞。
    大学生向けの数学教科書として『計算力をつける微分積分』、『計算力をつける線形代数』(共著)、その他の著書に『学力低下は錯覚である』、
    『未来思考』、『カードセキュリティのすべて』などがある。

  • マリアン・カリンチ

    作家。これまでに17冊の本を上梓している。グレゴリー・ハートリーとの共著に『心のウラを見抜く技術―元アメリカ陸軍取調官が明かす』、『I Can Read You Like a Book(相手の考えが手に取るようにわかる)』、『How to Become an Expert on Anything in 2 Hours(2時間でプロになる方法)』などがある。コロラド州エステスパーク在住。

  • 日本政策学校

    主義主張・政党を超えた自由な議論を通じて多様な民意が反映される「民主主義の透明化・双方向化」を実現するための政治リーダー育成・排出を目的として、2011年11月に創設。理念・政党が不透明な日本政治。その点を克服するために、自民党から共産党まで、全く自分の意志と正反対の意見を持つ講師、あるいは受講生と論議・研鑽することで、自らの政策をブラッシュアップしていく、日本では極めて希有な場となる。また、一般市民が、その生活の場で働きながら政治を勉強できるよう、講義は平日の夜・土曜を中心に行われる。

    【お問い合わせ】
    151−0001 東京都渋谷区神宮前6-34-3 原宿バーダントハイツ1階
    Email: infoweb@j-policy.org
    TEL: 03-5766-6322
    FAX: 03-5766-7732

  • 白河桃子

    少子化ジャーナリスト、作家、白百合女子大学・東京女子大学非常勤講師、「仕事、結婚、出産、女子学生のためのライフプランニング講座」代表。東京生まれ、慶応義塾大学卒。婚活、妊活、女子など女性たちのキーワードを発信する。山田昌弘中央大学教授とともに「婚活」を提唱。婚活ブームを起こす。女性のライフプラン、ライフスタイル、キャリア、男女共同参画、不妊治療、ワークライフバランスがテーマ。
    主な著書に、『「婚活」時代』(山田昌弘共著)『キャリモテの時代』『跡取り娘の経営学』『震災婚』『専業主婦になりたい?!』『妊活バイブル』『女子と就活』など。

  • 平野啓一郎

    平野啓一郎 Keiichiro HIRANO
    小説家。1975年愛知県生まれ。京都大学法学部卒業。1999年在学中に文芸誌『新潮』に投稿した『日蝕』により第120回芥川賞を受賞。著書は小説に『日蝕』『一月物語』『葬送』(いずれも新潮社)『滴り落ちる時計たちの波紋』(文藝春秋)『決壊』(新潮社、芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞)『ドーン』(講談社、Bunkamuraドゥマゴ文学賞受賞)『かたちだけの愛』(中央公論新社)『空白を満たしなさい』(講談社)『透明な迷宮』(新潮社)『マチネの終わりに』(毎日新聞出版)、エッセイ・対談集に『私とは何か─「個人」から「分人」へ』(講談社)『「生命力」の行方~変わりゆく世界と分人主義』(講談社)などがある。2014年、フランス芸術文化勲章シュヴァリエを受章。