Discover 手帳 2017

MOON BOOK

MOON BOOK 2017

810 円(50% OFF)

ISBN: 978-4-7993-1905-5

著者・岡本翔子からのメッセージ

手帳にピッタリあうカバーはこちら

MOON BOOK 2017

MOON BOOK 2017

MOON BOOK 2017

MOON BOOK 2017

手帳仕様

ページ数: 256p
サイズ:縦184mm×横128mm×厚さ10mm(四六変型判・B6)
重さ:250g ビニールカバー
しおり 2本付き
11月始まり/月曜始まり/祝日付き/六曜なし

ここがポイント

愛され続けて13年目のロングセラー。占星術の第一人者が贈る「月をあなたの味方にする手帳」。書きやすく、読みやすいサイズにリニューアルしました!

  • 月が教える行動のアドヴァイス
  • 新月・満月にするといいこと!
  • 2017年、愛の星・金星の動き、幸運の星・木星の動きetc
  • 星座が司る身体の部位を知って、効果的なボディケアで美しくなる
  • 毎日の食事に役立つ、星座別の食材&レシピ

この手帳の使い方

※ 実際の本文と月の色は、ピンクではなく、黄色に近い橙色です。

新しい手帳を手にするとき、私たちの新年に思いを馳せ、期待に胸が膨らむような気がします。どうぞこれから1年間、『MOON BOOK』と共に素敵な時間を重ねていってください。すでに2017年の予定がいくつか決まっている人もいるでしょう。そんなスケジュールを書き込む前に、まずやってほしいことがあります。

1 年のテーマを決める

ここでは気持ちも新たに、2017年という年に思いを馳せ、「こんな年にしたい」というイメージを思い描いてみましょう。深層心理学で行う心理療法の中に、アクティブ・イマジネーションというテクニックがあります。私たちが日々の生活の中でなにげなく行っている想像=イマジネーションを、よりリアルに追求するものです。ひとりになれる時間と場所を選び、ゆったりとした気持ちで目をつぶり、あなたの2017年をイメージしてみてください。

  • 新しい年を「色」にたとえると何色ですか?
  • 2017年を「漢字一文字」で表すと?

想像(イマジネーション)は創造(クリエイション)に通じます。イメージして書き込むという行為が、あなたの2017年をより充実した1年にしてくれるでしょう。

また、2017年に行いたい「チャレンジ10」や、それを「達成するためのアクション」を書き込む欄もあります。1年をイメージする「色」や「漢字一文字」同様、思いついたときに書いてみてください。1年後に2017年を振り返るとき、この『MOONBOOK』があなたの心の成長の記録となれば幸いです。

MOON BOOK 2016

1 ヵ月ごとのテーマを決める

2017年のテーマは決まりましたか?新しい年を迎える前に、「この先の一年をどのように過ごしたいか」をイメージしてみることは、想像を実現へと導く重要なプロセスです。さらにこのムーンブックでは、1ヵ月ごとに、その月のテーマを設けてあります。忙しい生活に忙殺されていると、月が変わったのにも気づかず漫然と日々を過ごしてしまうことがあります。

季節を肌で感じ、ひと月ひと月を大切に積み重ねていく…。それもこの『MOON BOOK』が提唱するテーマのひとつです。

1ヵ月ごとのテーマは、まず2016年11月から始まります。各月のテーマは、その月の星座の性質(たとえば11月なら蠍座、12月なら射手座に沿ったものとなります。全部で12本のテーマは、実は現在から2017年10月まで天秤座を運行していく木星にちなんだ、"より良い人間関係を築く"ために実践してほしい、あなたへの12のミッションなのです。

MOON BOOK

マンスリーカレンダー

MOON BOOK

ウィークリーカレンダー

この本の特徴は、毎日の月の位相と月が位置する星座が記されていることです。月は約1ヵ月かけて宇宙にある太陽の通り道(黄道)を1周します。黄道には私たちになじみのある12の星座が配置されていて、月は各星座を約2日半かけて動いていきます。月が牡羊座に位置する日は、牡羊座というフィルターを通して、地上に月のエネルギーが降り注がれます。約2日半にわたり、自分の気分の変化や心の動きを観察してみてください。

この『MOON BOOK』は、「新月のときの願いごと」「満月に行うといいこと」「2017年あなたの変化をもたらす星の動き」「月にまつわるコラム」などが記されています。あなたの生活の中に、月が教えてくれる数々のヒントを取り入れてみましょう。

また毎日のカレンダーの日付の欄に、月がひとつの星座から次の星座へと移り変わるときの正確な時刻を載せてあります。これは「月が迷う時間帯」です。「月が迷う時間帯」には重要な物事の決断は避けるとよいでしょう。

月の満ち欠けの8つの位相も、毎日の生活に役立てることができます。後ろのページには、植物の成長になぞらえた月の8つのステージ(段階)について詳しく説明してあります。

月のリズムを理解することで、自然との一体感を取り戻し、自分の内なる自己治癒力に気づいていく……。それこそがこの『MOON BOOK』の正しい使い方と言えます。できればあまり深刻にならず、ちょっとした遊び感覚で、月のメッセージを受け止めて実践してみてはどうでしょう。たぶん、私たち女性の心と体は、太古の昔から“月と友達”なのだと思います。

そして、折に触れ、月を愛でる時間をつくりましょう。お気に入りの月の位相を選んで、旅行に出かけるのもおすすめします。月は私たちのイマジネーションを刺激します。月から授かった想像力を使って“月と戯れる”さまざまな方法を考えてみてはどうでしょう。

ウィークリーカレンダー(左)

MOON BOOK

ウィークリーカレンダー(右)

MOON BOOK

付録

月の星座とは?

MOON BOOK 2016

月の満ち欠け

MOON BOOK 2016

月の位置

MOON BOOK 2016

星座と人体

MOON BOOK 2016

2017年の展望と惑星について

MOON BOOK

月のボディケア・月美容

MOON BOOK 2016

月のリズムに合わせた食材や料理

MOON BOOK 2016

私の月と太陽の星座

MOON BOOK 2016

『MOON BOOK 2017』を購入する