Discover 手帳 2017

著者からのメッセージ

誰もが理想の自分を夢見て、その理想とあまりに違う自分の現実に打ちのめされたことがあると思います。理想を追うことは素晴らしいこと。けれど、それと同じくらい、今までの生きてきた結果である自分自身を認めてあげることも、大事だと思うのです。

だからこそ、あまりにも遠い理想を追い求めるのはやめて、今日会社が終わってからできることや、週末にできることに、目を向けてみませんか。つまり、大きな夢と同じくらい、小さな夢のことも大事に考えてみるんです。それが私と萌ちゃんが、オンラインサロン「ちゅうもえサロン」などで提唱している「週末野心」精神です。

この手帳は、そんなふうに地に足の着いた理想を一歩一歩着実に叶えていくために設計しました。2017年版からはウィークリーカレンダーのページを新たに設けるなど、使い勝手もさらにアップさせています。1年を整えるためには、まず1か月を、そして1か月を整えるためには1週間を、1週間を整えるためには1日を大切にしなくてはいけません。だからこの手帳も、きっちりと節目をイメージしつつ、流れも考えられるように随所に工夫をこらしています。この手帳が、大切な1日1日を積み重ねていく手助けになれば、こんなに嬉しいことはありません。

はあちゅう

いつか行きたい場所、会いたい人、食べたいもの、やりたいこと。「いつか」と思っていることって、どれくらいありますか?たとえばそれを箇条書きにして、その隣に実現させる方法を書いてみると、突然「いつか」が具体的になって、次の週末にできちゃうようなことだって意外とあることに気づきます。そんなふうに夢を予定に変えて、次々と叶えながらとびっきりの1年を過ごしていく、それがこの手帳のコンセプトです。

忙しいと、つい「毎日同じことの繰り返し」なんて思ってしまうこともあるかもしれませんが、そんな日々の中でも自分の「週末野心」をちゃんと持っていると、毎日の過ごし方や人や物との出会いの捉え方だって変わって、1年の満足度はずいぶんと濃くなるはずです。

もし野心が思いつかないとしたら、ひねりだしてみてください。毎日を自分のものにするためにも、大事なことです。週末野心を掲げて、それを叶えながら、毎日を自分のものにしていくという作業。これを繰り返していくことで、1年経った頃には、この手帳はきっと自分だけの本のような1冊になっているはずです。自分の1年を、ぐっと愛しいものに変えていくためにも……!お互い野心あふれる1年になりますように。

村上萌

プロフィール
はあちゅう

ブロガー・作家。1986年生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。在学中にブログを使って、「クリスマスまでに彼氏をつくる」「世界一周をタダでする」などのプロジェクトを行い、カリスマ女子大生ブロガーとして活躍。電通、トレンダーズを経てフリーに。「ネット時代の作家の働き方を確立する」ことを目標に、オンラインサロンや月額課金コンテンツ「月刊はあちゅう」の運営など、表現の場所を広げている。

近著に『半径5メートルの野望 完全版』(講談社)、『かわいくおごられて気持ちよくおごる方法』(幻冬舎)、『とにかくウツなOLの、人生を変える1か月』(角川書店)など。

村上萌

NEXTWEEKEND代表・ライフスタイルプロデューサー。“おてんばな野心を、次の週末に叶える”をコンセプトにメディアブランドNEXTWEEKENDを主宰し、週末を楽しくするウェブサイトNEXTWEEKENDの運営を始め、連動した雑誌NEXTWEEKENDを刊行、サンドイッチ屋GARTENのプロデュースのほか、週末イベント、その他空間や商品などのプロデュースを手がける。

著書に『カスタマイズ・エブリデイ』(マガジンハウス)、雑誌『NEXTWEEKEND』(世界文化社)、『週末野心手帳』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、絵本『ばあばのおうち』(エンブックス)など。