特集

電子書籍『ジョブズのすべて』 -雑誌「フォーチュン」が追った25年-

ジョブズのすべて

2011年9月26日、スティーブ・ジョブズ氏死の直前に米国で発売された書籍『All About Steve』。雑誌「フォーチュン」のライターたちの、長時間に渡ったジョブズの思考の奥深くまで踏み込んだ取材をもとに、この本は生まれました。ディス カヴァーではこの『All About Steve』を邦訳し、電子書籍で全5回に分けて発売します。

 

ジョブズのすべて

ジョブズのすべて

『フォーチュン』編集部/編

ス ティーブ・ジョブズと彼が創業したアップルの成功は、誰にとっても明らかです。ジョブズは革新的なビジネスリーダーであり、アップルはコンピューター業界 を超えて、人の生活を変える革新的な企業となりました。しかし、彼らの単純明快な成功に比較して、ジョブズとアップルの関係は紆余曲折を経て、複雑なもの でした。

本書は、ジョブズの素顔を25年あまりに渡って追い続けた「フォーチュン」誌の記事から17本を再編したアンソロジーです。同誌 は、世界120カ国、約500万人の読者を持つ世界最大のビジネス誌であり、彼らの多角的な取材の集積である本書は、その時々のジョブズの素顔とアップル の成長をコンパクトに理解できる1冊となっています。「フォーチュン」誌は、パーソナルコンピューターの黎明期である1983年からジョブズに注目し、 25年余りにわたって取材を続けてきました。長時間にわたる取材によってジョブズの思考の奥深くまで踏み込んで、ひとつひとつの記事を形にしてきていま す。そして2009年には「この10年で最高のCEO」にジョブズを選定するに至りました。

ジョブズへの取材をもとに書きおこした記事に は、壮大なビジョンと情熱を胸に、コンピューター・電話・映画・音楽・小売・プロダクトデザインの分野で革命を起こしたジョブズのエピソードがつまってい ます。ジョブズ本人への取材とともに、周辺への取材も数多く行っています。ビル・ゲイツとの対談や、ビジネス界の大御所たちのジョブズ評は、本書ならでは 読みどころです。

「フォーチュン」編集長のアンディ・サーワーは、本書の刊行にあたり、以下のように述べています。
「最終的に彼のやり方は正しかったと証明された。彼が創立したアップル社は、地球上で最も成功した企業のひとつとなったのだから」

第1回 12.01 発売

[電子書籍]ジョブズのすべて(1) ジョブズがすごい本当の理由

257円

第2回 12.08 発売

[電子書籍]ジョブズのすべて(2) 初期のアップル

257円

第3回 12.15 発売

[電子書籍]ジョブズのすべて(3) アップル追放の時代

257円

第4回 12.22 発売

[電子書籍]ジョブズのすべて(4) アップルへの復帰

257円

第5回 12.29 発売

[電子書籍]ジョブズのすべて(5) 「iの時代」を創った男

257円

 

[電子書籍]ジョブズのすべて(完全版)

1,040円

line