特集

氷王星

表紙は、各星のラッキーカラーとラッキーアイテムになっています

0 学占い 氷王星

1,080 円

■ 目次

あなたののぞむ運命を、自らつくりだすために
1章 0学占いで運命をひらく
2章 氷王星の世界
 氷王星の人となり/氷王星の運命周期
3章 氷王星の人づきあい
 氷王星のコミュニケーション
4章 氷王星の恋愛と結婚
 氷王星の人が恋をするとき
5章 氷王星とそのほかの星
 氷王星の相性について
6章 氷王星のライフスタイル
 氷王星の才能/氷王星の好奇心/氷王星のお金/氷王星の美/氷王星の健康、からだ/氷王星の著名人
7章 氷王星に幸せをもたらすもの、そうでないもの
 モチーフ/色/場所/食/方位
氷王星へのメッセージ 
あなたの周りの人の0学運命周期を知ろう

氷王星の人となり

氷王星を示すキーワードは、「社交上手」「夢想的」「天性のアドリブ名人」です。華やかな世界に憧れていて、自身も華やかな雰囲気を身にまとっていますが、決して我が強いわけではなく、明るく親しみやすいキャラクターです。

けれども心の奥底では「人前に出て目立ちたい」という思いを抱えています。その欲望をストレートには出さず謙虚に振る舞うため、周囲からは「華のある人だなぁ」と好印象を抱かれていますが、本人は、目立てる瞬間を狙っていたりします。多くの人から「素敵!」「かっこいい!」と思われる憧れの存在になりたいと夢見ているところがあるのです。でも、それを表に出さないのが氷王星という人です。

人当たりがよく、話を合わせるのも上手です。何でも器用にこなせますし、「人に合わせて振る舞うのが楽しい」と思う一方で、自分の心をのぞかれるのを嫌います。そのため、「人前に出て輝きたい!」という本当の欲望を隠しているうちに、自分らしさを出せなくなることがあります。本心を見られそうになるとサッと隠し、いざ前に出るチャンスが来ると尻込みしてしまう。そんな心の弱さがあります。その度に気持ちを曖昧にしてごまかし、悩みます。

けれども、人前で輝いている素敵な人を見ると、「私だって!」という本心がむくむくと湧き上がります。「人を楽しませたいし、喜ばせたい。人の心を敏感に読み取れる私にはそれができるはず」と、本来の欲望を思い出すのです。

そんな氷王星の心の中は、「こうなったら素敵」「これができたらみんな喜ぶはず」といった夢想でいっぱい。いったん着想を得ると頭の中で妄想が広がり、行動に移そうともしますが、実際は何度も自分の中でその夢を楽しんでいるのです。

0学運命グラフ

0学では、一つの星の周期を「十二年で一周期」ととらえます。十二年の中で春夏秋冬があり、さらに十二の周期には、それぞれ「背信」「0地点」「精算」「開拓」…といった、その時期を表す名前がついています。十二周期は三つで一つの季節を構成し、たとえば、同じ冬という季節であっても、それぞれ異なる意味と運勢を持っています。一つひとつの時期については、下記の「0学運命グラフ」を参照してください。これをベースに、そのときどきの時期の運勢を知り、行動の指針にすれば、間違いは犯さずに済みます。
さらに、0学運命グラフを見ると、運命の浮き沈みがわかります。「0地点」は運命の底ですが、次の「0地点」では、その底が少し上がっています。つまり、運命は、周期を繰り返しながらも、少しずつ上昇しているのです。

0学運命グラフ

0学運命盤

0学運命グラフでは運勢の浮き沈みを表しましたが、下記の0学運命盤を見ると、運勢は周期を繰り返していて、どの年がどの時期にあたるかがわかるでしょう。ただし、前述の通り、運勢は少しずつ上昇していくので、この図は平面上に見えますが、実は「らせん状」にまわりながら上昇しているのです。
0学運命盤は、年だけでなく、月、日も単位にすることができます。年を一単位にすれば十二年で一周ですが、月を一単位にすれば、十二カ月で一周となり、日を一単位にすれば、二十四時間で一周となります。運勢の周期は、年単位だけでなく、月単位、時間単位でも、刻一刻と変わっているのです。0学にはさらに、十二年を単位とする「大運」もあることを知っておきましょう。

氷王星 0学運命盤

氷王星の人が恋をするとき

華やかで目立つタイプの異性に惹かれる氷王星は、どちらかというと「面食い」です。基本的には、恋多き人。惚れっぽく、ひと目で「好きか、好きじゃないか」を判断しています。ただし、その判断を表情や態度に出すことはせず、「好きじゃない」と思った人にも、「好き」と思った人にも、同じように接します。ですから相手にも周りにも、氷王星の人が誰を好きなのかはわかりにくく、恋愛に発展するかどうかも、ハッキリするまでに少し時間がかかるでしょう。氷王星の人は、それでいいのです。誰かを好きになると、いったん自分の中でその気持ちを曖昧にぼかし、心の中であれこれと思いを巡らせる時間が必要なのです。

「この人が好き」という気持ちを、いったん自分の中で曖昧にぼかす氷王星は、ストレートにアプローチできない、少し臆病なところがあります。「あの人とこんな展開になったら素敵」というふうに、頭の中で空想を巡らせますが、一番気になるのは、好きな人をめぐるライバルがいるかどうかです。また、自分から攻めるよりも、「相手から好きと言われたい」というのが本音です。基本的に明るく和やかで、異性からのウケがいいので、第一印象で相手に好印象を抱かせるのは大前提。そのあと、特別な恋愛感情を抱いてもらえるようにさりげなく迫ります。じわじわと落とすのが氷王星の得意ワザです。相手に「愛してる」と言わせたい、また、「愛されている」と感じたい気持ちが強く、マメに愛情表現してほしいと思っています。ですから、わかりやすく愛を示してくれて、ちやほやと大事にしてくれる、そんな相手とならうまくいくでしょう。