特集

冥王星

表紙は、各星のラッキーカラーとラッキーアイテムになっています

0 学占い 冥王星

1,080 円

■ 目次

あなたののぞむ運命を、自らつくりだすために
1章 0学占いで運命をひらく
2章 冥王星の世界
 冥王星の人となり/冥王星の運命周期
3章 冥王星の人づきあい
 冥王星のコミュニケーション
4章 冥王星の恋愛と結婚
 冥王星の人が恋をするとき
5章 冥王星とそのほかの星
 冥王星の相性について
6章 冥王星のライフスタイル
 冥王星の才能/冥王星の好奇心/冥王星のお金/冥王星の美/冥王星の健康、からだ/冥王星の著名人
7章 冥王星に幸せをもたらすもの、そうでないもの
 モチーフ/色/場所/食/方位
冥王星へのメッセージ 
あなたの周りの人の0学運命周期を知ろう

冥王星の人となり

冥王星は、とても意志が固い星です。誰も砕くことができない、強固な塊のような強い意志を持っています。責任感が強く、コツコツと努力を続ける粘り強さがあるので、冥王星の人がひとたび何かに目標を定めて動き始めると、もう誰にも止められません。困難な目標であればあるほど燃える気質なので、辛いことがあっても我慢して、最後まで突き進むパワーを発揮します。

何事にも慎重なので、スロースターターではありますが、仕事や勉強においては、着実に成果を上げていきます。強い信念を持っているので、慎重に確かめたうえで自分が納得できたら、一気に行動に出る勢いがあります。あれこれと目移りしないので、目標に向かって進んでいくぶれない態度は、周囲の人からは、とても頼もしい存在として映るでしょう。

無口で知的、一見するととてもクールですが、その内側には燃えるような情熱を持っています。プライドも高い…と言うより、とても固いと表現したほうがいいでしょう。途中で挫折するなんて、もってのほか。そんな自分を許すことはできません。だからこそ中途半端なことを嫌い、仕事や課題は徹夜してでもやるという、完璧主義者でもあるのです。

自己アピールが得意ではないので、素晴らしい成果を出しても自慢するようなことはしません。むしろ、派手なことや目立つことは好まず、「やるべきことは黙ってやる」「結果を見てくれ」というタイプなのです。

0学運命グラフ

0学では、一つの星の周期を「十二年で一周期」ととらえます。十二年の中で春夏秋冬があり、さらに十二の周期には、それぞれ「背信」「0地点」「精算」「開拓」…といった、その時期を表す名前がついています。十二周期は三つで一つの季節を構成し、たとえば、同じ冬という季節であっても、それぞれ異なる意味と運勢を持っています。一つひとつの時期については、下記の「0学運命グラフ」を参照してください。これをベースに、そのときどきの時期の運勢を知り、行動の指針にすれば、間違いは犯さずに済みます。
さらに、0学運命グラフを見ると、運命の浮き沈みがわかります。「0地点」は運命の底ですが、次の「0地点」では、その底が少し上がっています。つまり、運命は、周期を繰り返しながらも、少しずつ上昇しているのです。

0学運命グラフ

0学運命盤

0学運命グラフでは運勢の浮き沈みを表しましたが、下記の0学運命盤を見ると、運勢は周期を繰り返していて、どの年がどの時期にあたるかがわかるでしょう。ただし、前述の通り、運勢は少しずつ上昇していくので、この図は平面上に見えますが、実は「らせん状」にまわりながら上昇しているのです。
0学運命盤は、年だけでなく、月、日も単位にすることができます。年を一単位にすれば十二年で一周ですが、月を一単位にすれば、十二カ月で一周となり、日を一単位にすれば、二十四時間で一周となります。運勢の周期は、年単位だけでなく、月単位、時間単位でも、刻一刻と変わっているのです。0学にはさらに、十二年を単位とする「大運」もあることを知っておきましょう。

冥王星 0学運命盤

冥王星の人が恋をするとき

何事においても慎重な冥王星は、恋もなかなか始まりません。そもそも、簡単には異性を好きにならないのです。感情を優先させるタイプではないので、表面的な人柄で好きになるというよりは、自分に見合った相手であるかがポイント。現実に照らし合わせてみて、安心しておつきあいできるかどうかを確かめたいのです。こんな品定めを経て、冥王星の中で合格のサインが出ると、次第に相手と親しくつきあいたいという思いが高まっていきます。しかし、ここで相手の気を引くようなことができないのが冥王星という人。気を引きたい気持ちがないわけではありませんが、プライドが高過ぎて、媚を売るような態度は取れないのです。

ただし意外にも、周囲からは、気持ちを見透かされていることも。「もじもじしている」「じれったい」というふうに、見えているかもしれません。こんなときは、友人の助けを借りてみるのもいいでしょう。友人を交えて食事やレジャーを楽しむことで、交際が進む可能性が高まります。実は、冥王星には「人や場所との縁によって物事が決まる」という運勢があります。ですから、先輩や友人との交際を大切にしていると、恋が実りやすくなります。好きな人ができたら、相手には積極的に出られなくても、知人や友人、上司、先輩などを積極的に利用する=助けてもらうことで、恋の成就率はアップするでしょう。恋人がいない冥王星の人の場合、あからさまに「結婚」を目的とした婚活パーティーなどは、プライドが許さず、絶対に参加したくありません。しかし、上司や家族、親せきが設定してくれた場には、運があります。信頼している人からよい話があれば、素直に聞いてみると、意外な発展があるかもしれません。