特集

小王星

表紙は、各星のラッキーカラーとラッキーアイテムになっています

0 学占い 小王星

1,080 円

■ 目次

あなたののぞむ運命を、自らつくりだすために
1章 0学占いで運命をひらく
2章 小王星の世界
 小王星の人となり/小王星の運命周期
3章 小王星の人づきあい
 小王星のコミュニケーション
4章 小王星の恋愛と結婚
 小王星の人が恋をするとき
5章 小王星とそのほかの星
 小王星の相性について
6章 小王星のライフスタイル
 小王星の才能/小王星の好奇心/小王星のお金/小王星の美/小王星の健康、からだ/小王星の著名人
7章 小王星に幸せをもたらすもの、そうでないもの
 モチーフ/色/場所/食/方位
小王星へのメッセージ 
あなたの周りの人の0学運命周期を知ろう

小王星の人となり

小王星の人は、柔軟な思考、そして自由な心と想像力を持っています。会話も楽しく、人の懐に入るのが上手ですが、「私が、私が」と出しゃばるタイプではなく、聞く耳を持っているため、誰からも愛される社交家です。

穏やかで他人を攻撃することがなく、過去を引きずって、くよくよ悩むこともありません。何事も前向きに考える楽天的な性格で、良くも悪くもマイペースです。別名「子ども星」とも言われ、好奇心旺盛で興味の幅が広く、好きなものに対する無邪気さは子どものよう。面白いことを見つけるとパッと飛びつき、自分だけの世界に入り込みます。一方で、興味のないことには、まったく目もくれないため0学占い_小王

「自分勝手な人」と思われることもあるでしょう。好奇心のおもむくままに行動したい小王星は単独行動を好み、自分の自由を貫きます。集団の和を乱す気ままな行動も多いのですが、自分と違うタイプの人間とでも柔軟に合わせることができるため、あまり責められずに済む特異な性格です。ただ、人間関係では束縛されることを嫌い、適度な距離感を保っていたいため、あまり深いつきあいをすることはありません。広く浅く関係を築くタイプです。

変化への対応力は、十二支配星中、ダントツ。どんな突発的なできごとが起きても即座にかわし、まるで何事もなかったかのようにうまく場をなじませることができます。

0学運命グラフ

0学では、一つの星の周期を「十二年で一周期」ととらえます。十二年の中で春夏秋冬があり、さらに十二の周期には、それぞれ「背信」「0地点」「精算」「開拓」…といった、その時期を表す名前がついています。十二周期は三つで一つの季節を構成し、たとえば、同じ冬という季節であっても、それぞれ異なる意味と運勢を持っています。一つひとつの時期については、下記の「0学運命グラフ」を参照してください。これをベースに、そのときどきの時期の運勢を知り、行動の指針にすれば、間違いは犯さずに済みます。
さらに、0学運命グラフを見ると、運命の浮き沈みがわかります。「0地点」は運命の底ですが、次の「0地点」では、その底が少し上がっています。つまり、運命は、周期を繰り返しながらも、少しずつ上昇しているのです。

0学運命グラフ

0学運命盤

0学運命グラフでは運勢の浮き沈みを表しましたが、下記の0学運命盤を見ると、運勢は周期を繰り返していて、どの年がどの時期にあたるかがわかるでしょう。ただし、前述の通り、運勢は少しずつ上昇していくので、この図は平面上に見えますが、実は「らせん状」にまわりながら上昇しているのです。
0学運命盤は、年だけでなく、月、日も単位にすることができます。年を一単位にすれば十二年で一周ですが、月を一単位にすれば、十二カ月で一周となり、日を一単位にすれば、二十四時間で一周となります。運勢の周期は、年単位だけでなく、月単位、時間単位でも、刻一刻と変わっているのです。0学にはさらに、十二年を単位とする「大運」もあることを知っておきましょう。

小王星 0学運命盤

小王星の人が恋をするとき

自由で気ままな性格なので、恋をしても一人の人を思い詰めることはありません。小王星にとって愛することは楽しい行為で、シリアスなものではないのです。異性に対する意識が希薄で、好きなことを一緒にできる人であれば、それが異性だろうが同性だろうが同じような感覚で親しくなっていきます。言葉や行動で「好き」ということを直接的にアプローチしていくのではなく、どこかに遊びにいったり、同じものを一緒に経験したりして、友だちのように楽しい時間を共有するうちに恋愛を発展させていくタイプです。

一方で、夢見がちな面があり、空想の世界でロマンチックな夢を膨らませる傾向も。シチュエーションに対する憧れも強く、たとえばラブレターを渡して愛を伝えることより、「ラブレターをつづる」という行為自体を好み、それで満たされてしまうところがあります。本来、受け身な性格であることからも、そういった傾向が強くなり、趣味など好きなことに対しては行動的なわりに、恋愛においては強烈な行動を起こすことはありません。少女漫画や映画の世界のような恋愛物語を想像しているほうが、実際にアクションを起こすより楽しいと思うようです。やや面倒くさがりな面もあるので、友だちのように気兼ねない関係で楽しくつきあえていれば満足します。自分から積極的に関係性を変えようとすることはないでしょう。