特集

天王星

表紙は、各星のラッキーカラーとラッキーアイテムになっています

0 学占い 天王星

1,080 円

■ 目次

あなたののぞむ運命を、自らつくりだすために
1章 0学占いで運命をひらく
2章 天王星の世界
 天王星の人となり/天王星の運命周期
3章 天王星の人づきあい
 天王星のコミュニケーション
4章 天王星の恋愛と結婚
 天王星の人が恋をするとき
5章 天王星とそのほかの星
 天王星の相性について
6章 天王星のライフスタイル
 天王星の才能/天王星の好奇心/天王星のお金/天王星の美/天王星の健康、からだ/天王星の著名人
7章 天王星に幸せをもたらすもの、そうでないもの
 モチーフ/色/場所/食/方位
天王星へのメッセージ 
あなたの周りの人の0学運命周期を知ろう

天王星の人となり

高貴な星の下に生まれてきた天王星は、気品溢れる人。物腰は優雅で礼儀正しい態度を取りますが、常に心の中に「自分はほかの人とはレベルが違う」「他人より秀でている」という高いプライドを秘めています。

態度や発言は控えめで、ときには大げさなほどの謙遜をしますが、心の中には、冷めた目で他人を眺める、まるで中世の貴族ともいえるような一面もあります。そのため、人間関係においても積極的になることが苦手で、強がりや人見知りから、「私は別に大丈夫」「お気遣いなく」といったように、やや斜に構えたような態度になってしまいがち。周囲の人や物事について気に入らないことや言いたいことがあっても、うまく言葉にできず、内に溜め込んで、もやもやするタイプです。

天王星にとって、上品でエレガントな自分であることが重要なので、基本的には受動的で、あらかじめ敷かれたレールに乗った行動を選択しがち。なぜなら、冒険心や好奇心によって前のめりになっている自分の姿を他人に見られて、「下品だ」「はしたない」と思われることを嫌うからです。「上品でワンランク上の自分でいたい」と思うがゆえに、どうしても他人との関係性を築くのに苦労する傾向にあります。心の中では理解者を求めていますが、それを表現することや、心の内をさらけ出すことができず、そっけない態度を取る傾向があります。本当は興味があるのに興味がないふりをしてしまい、チャンスを逃してしまうという経験もあるでしょう。

0学運命グラフ

0学では、一つの星の周期を「十二年で一周期」ととらえます。十二年の中で春夏秋冬があり、さらに十二の周期には、それぞれ「背信」「0地点」「精算」「開拓」…といった、その時期を表す名前がついています。十二周期は三つで一つの季節を構成し、たとえば、同じ冬という季節であっても、それぞれ異なる意味と運勢を持っています。一つひとつの時期については、下記の「0学運命グラフ」を参照してください。これをベースに、そのときどきの時期の運勢を知り、行動の指針にすれば、間違いは犯さずに済みます。
さらに、0学運命グラフを見ると、運命の浮き沈みがわかります。「0地点」は運命の底ですが、次の「0地点」では、その底が少し上がっています。つまり、運命は、周期を繰り返しながらも、少しずつ上昇しているのです。

0学運命グラフ

0学運命盤

0学運命グラフでは運勢の浮き沈みを表しましたが、下記の0学運命盤を見ると、運勢は周期を繰り返していて、どの年がどの時期にあたるかがわかるでしょう。ただし、前述の通り、運勢は少しずつ上昇していくので、この図は平面上に見えますが、実は「らせん状」にまわりながら上昇しているのです。
0学運命盤は、年だけでなく、月、日も単位にすることができます。年を一単位にすれば十二年で一周ですが、月を一単位にすれば、十二カ月で一周となり、日を一単位にすれば、二十四時間で一周となります。運勢の周期は、年単位だけでなく、月単位、時間単位でも、刻一刻と変わっているのです。0学にはさらに、十二年を単位とする「大運」もあることを知っておきましょう。

天王星 0学運命盤

天王星の人が恋をするとき

人づきあいが苦手で、相手とうまく距離が取れない天王星にとっては、恋愛も難題の一つです。恋をすると粘着質になりがちで、相手のことを何でも知っていたい、見ていたいと思うようになります。そのくせ、プライドが高く、受け身なので、自分からアプローチをしたり好意を示したりすることはできません。相手が振り向いて、自分を好きになってくれることをひたすら待ち続けるのです。何事に対しても理想を高く描く傾向にある天王星は、恋愛においてもプラトニックな理想が強く現れます。恋愛とは精神の触れ合いである、という思いから、肉体だけの快楽には意味を見出せず、恋愛における“正しいステップ”を踏むことを絶対条件と考えます。

精神面で通じ合っていないセックスは、天王星にとって無価値であり、それに溺れることはプライドが許しません。また、見ているばかりの恋愛なので、片思いで終わることが多いのも特徴です。そうなると、気になる相手をイメージの中で過剰に美化したり、空想や妄想の世界に入り込んでしまったりと、自分の内面世界でめくるめく恋愛模様を繰り広げることに。「恋に恋する乙女」な面が出てきてしまうでしょう。また、理想が高いため、自分に好意を寄せてくれる相手がいても、好意を素直に受け取れないというケースもあるでしょう。現実とはかけ離れた少女漫画のような恋と王子様に理想を思い描いているので、「ふつうの人」では簡単には許容できないのです。