これまでのセミナー・イベント

  • Jul
    04

    ビジネス書大賞2016 授賞式および記念トークセッション ~ ここからはじまる、ビジネス書の新しい歴史 ~

    ビジネス書大賞2016
    ゲスト:
    小澤隆生、中川ヒロミ、中室牧子、松尾豊
    開催日:
    2016.7.4(月)19:00-20:45
    開場時間:
    18:30
    参加費:
    無料
    定員:
    50 名
    会場:
    アカデミーヒルズ六本木ライブラリー オーディトリアム

    〒106-6149 東京都港区六本木6丁目10番1号 六本木ヒルズ森タワー49F


    http://forum.academyhills.com/roppongi/access/index.html

    「ビジネス書大賞2016」の受賞式、および受賞者によるトークセッションを開催します。

    概要

    世相が反映され、時代を映す鏡でもあるビジネス書大賞。ビジネスを取りまく環境がめまぐるしく変化する中、より多様な分野の考え方を取り入れるような教養としてのビジネス書が求められています。本年のビジネス書大賞では、その広がりを象徴する作品が受賞し、ビジネス書の新しい歴史のはじまりを感じさせる結果となりました。受賞記念イベントでは、本年の大賞はじめ各賞を受賞した著者および関係者を迎え、記念講演会を開催。今、読むべきビジネス書のエッセンスをお届けします。

    タイムテーブル

    19:00 ビジネス書大賞2016授賞式

    19:10 受賞記念トークセッション
     1. 審査員特別賞 『人工知能は人間を超えるか』 受賞記念講演 東京大学大学院工学系研究科特任准教授 松尾豊氏
     2. 準大賞 『「学力」の経済学』 受賞記念講演 慶應義塾大学総合政策学部准教授 中室牧子氏
     3. 大賞 『HARD THINGS』 受賞記念トークセッション ヤフー株式会社執行役員 小澤隆生氏×日経BP社出版局編集第一部部長 中川 ヒロミ氏

    ビジネス書大賞について

    明治時代、福沢諭吉の『学問のすすめ』がポスト身分制度の生き方を提示してベストセラーになったように、現代においてビジネス書は時代の変化を先取りし、新しいライフスタイルを提案するとともに、時代を代表する人物を輩出する基盤となっています。激しく変化し、これまでの考え方が通用しない時代環境において、ビジネス書は新しい考え方・方法論を提示し、時代を創る存在になったといえるでしょう。

    そのような潮流を背景とし、ディスカヴァー/オトバンクの2社の発案により、その年を代表するビジネス書を選出し表彰するビジネス書専門の賞を2010年より創設いたしました。

    賞の選考は、ビジネス書に造詣の深い書店員様、メディア関係者様、書評家様など約80名様による投票と有志による最終審査によって行われます。第7回目となる今回は、これまでで最多の現役経営者の方が審査に参加し、出版業界の審査員とともに討議を重ねました。ビジネス書が果たすべき役割が、より大きなものへと変化していることを感じる選考経過となり、ビジネス書の新しい幕開けを感じさせるような回となりました。

    本賞を通じて、ビジネス書のプレゼンスをさらに大きなものとし出版書店業界の活性化に貢献するとともに、日本のビジネスパーソンの成長、ひいては日本の産業界の発展に貢献してまいりたいと考えております。

    ゲストプロフィール

    小澤隆生

    小澤隆生(おざわ・たかお)

    ヤフー株式会社執行役員ショッピングカンパニー長。アスクル株式会社社外取締役。株式会社一休取締役。1999年に創業した株式会社ビズシークを2001年に楽天株式会社に売却。その後、2003年にビズシークの吸収合併により楽天に入社、オークション担当役員に就任する。楽天イーグルスの立ち上げなどに携わった後、2006年には退社して小澤総合研究所を設立。スタートアップベンチャーへの投資やコンサルティング業務を精力的に展開。2009年から2012年までは楽天の顧問をつとめる。2011年、株式会社クロコスを設立、2012年に同社をヤフー株式会社に売却し、ヤフー(株)に入社し、ベンチャー投資責任者となる。2013年よりヤフー(株)執行役員 ショッピングカンパニー長としてYahoo!ショッピング、Yahoo!トラベルを中心としたeコマース事業の成長を牽引している。

    中川ヒロミ

    中川ヒロミ(なかがわ・ひろみ)

    日経BP社出版局編集第一部部長。日経BP社に入社後、通信ネットワークの専門誌『日経コミュニケーション』で記者を経験その後、2005年から単行本の編集に携わる。担当書籍には『スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン』『フェイスブック 若き天才の野望』『ジェフ・ベゾス 果てなき野望』『HARD THINGS』などテクノロジー系の翻訳書籍が多いが、『ニコニコ哲学』『iPhoneショック』など日本人著者の書籍も手掛ける。

    中室牧子

    中室牧子(なかむろ・まきこ) ― 準大賞受賞者 ―

    1998年慶應義塾大学卒業。米ニューヨーク市のコロンビア大学で博士号を取得(Ph.D)。日本銀行や世界銀行での実務経験を経て2013年から慶應義塾大学総合政策学部准教授に就任し、現在に至る。専門は教育を経済学的な手法で分析する「教育経済学」。

    松尾豊

    松尾豊(まつお・ゆたか) ― 審査員特別賞受賞者 ―

    東京大学大学院工学系研究科特任准教授。1997年、東京大学工学部電子情報工学科卒業。2002年院博士課程修了。博士(工学)。同年より産業技術総合研究所研究員。2005年よりスタンフォード大学客員研究員。2007年より現職。シンガポール国立大学客員准教授。専門分野は、人工知能、ウェブマイニング、ビッグデータ分析。人工知能学会からは論文賞(2002年)、創立20周年記念事業賞(2006年)、現場イノベーション賞(2011年)、功労賞(2013年)の各賞を受賞。人工知能学会 学生編集委員、編集委員を経て、2010年から副編集委員長、2012年から編集委員長・理事。2014年より倫理委員長。日本トップクラスの人工知能研究者の一人。共著書に『東大准教授に教わる「人工知能って、そんなことまでできるんですか?」』(KADOKAWA)がある。