商品詳細

[電子書籍]初めての人のための資産運用ガイド

10万円から始める! 貯金金額別

[電子書籍]初めての人のための資産運用ガイド

電子書籍 (携書 147)
価格: 800円(税込)
フォーマット
紙の書籍
電子書籍
紙+電子書籍セット
価格
1,080円
800円
1,480円
個数:
  • メーカーディスカヴァー
  • 発売日2015.6.24
  • ISBN978-4-7993-1689-4

商品概要

銀行預金だけではもう足りない! お金は「つくる」時代です。きちんと学べばお金はふやせます。大人気の資産設計アドバイザーが教える、守り・殖やすための「黄金のルール」

商品説明

10万円/100万円/500万円/1000万円、金額別でわかりやすい資産運用ガイドブック。初心者にぴったりのインデックス運用、少ない資産でも着実なリターンが見込める国内不動産、たのしみながら運用できるワイン投資、余裕のある人におすすめの海外不動産…etc.

投資は危ない・怖いというイメージを持つ人がいますが、それは違います。あなたの大切なお金を着実にふやすシンプルな方法があるのです。先行き不透明な時代にあって、長い時間をかけてじっくりお金を育てる方法を「貯金額別」にお伝えします。

本書は2013年8月に刊行された『貯金が1000万円になったら資産運用を考えなさい』に大幅加筆・修正を行ったものです


* 書籍「10万円から始める! [貯金金額別] 初めての人のための資産運用ガイド」のワイン投資ファンドに関する記載について

書籍「10万円から始める! [貯金金額別] 初めての人のための資産運用ガイド」のワインファンド投資に関する記載(p217-222)において、ヴァンネット社のワインファンドが事例として取り上げられています。2015年12月25日に同社が業務取引停止処分を受けました。営業者のファンド運営に問題があり、第3者による事実関係の調査が行われていると発表されています(2016年1月8日現在)。

ワインへの投資は、現物のワインを保有する方法とヴァンネット社のような匿名組合契約に基づくワインファンドを使う方法の2つがありました。しかし、このたび同社が行政処分を受けたことにより、日本国内でワインファンドの営業者は存在しなくなりました。

従いまして、第8刷以降、書籍よりワインファンド投資に関する記載を変更いたします。変更内容については、追って本ホームページにて掲載いたします。

内藤忍・株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン

目次

はじめに これからはお金に働いてもらおう!
 預金・保険・年金は、「安全」ではなく、実は「危険」
 日本人の多くが直面している「リスクを取らないリスク」
 円安か円高かわからない場合はどうするか?
 日本人はなぜお金をふやせないのか

第1章 あなたのお金がふえない理由
 やみくもにリスクを取っても失敗する
 お金の話はすべて「リスクとリターン」で説明できる
 勉強しないで投資を始めるとどうなるか?
 「サギ」に引っかからない方法
 無料相談に群がる「カモ」
 銀行の窓口に相談してはいけない
 「おトクな外貨預金」にだまされるな
 カモの逆襲~「あなたは買っていますか?」と聞いてみる
 ファイナンシャルプランナーの選び方
 お金のことは「自分よりお金持ち」に相談する
 マネー誌の「推奨銘柄」では成果は上がらない
 プロの予想はたまに当たる「止まった時計」
 短期勝負は損するだけ
 資産を守るために、何をすべきか
 コラム 投資をするべき「3つの理由」

第2章 資産運用を始める前にやるべきこと
 ステップ1 自分の資産の現状を把握する
 自分の資産の時価を計算する
 ステップ2 資産運用の目標を設定する
 老後資金は、まず2000万円
 ステップ3 到達方法を考える
 投資は2つの資産の合計で決まる
 コラム 投資初心者向けのNISAとは?

第3章 資産を作るためのシンプルで着実な運用法
 なぜ投資信託なのか
 投資信託の仕組みとは?
 インデックス運用の低コスト商品を活用する
 初心者に最適なインデックスファンド

第4章 アセットアロケーションと積立で資産を作る
 アセットアロケーションの重要性
 資産配分のカギ
 先進国と新興国はどちらに投資すべきか
 まず10万円で始めてみる
 資産は3か月ごとに3分の1ずつ移行させる
 継続の方法1 積立を活用する
 継続の方法2 モニタリングとリバランスを行う
 長期運用を続ける仕組みを作る
 目先のことにはとらわれない
 コラム バランス型ファンドは必要ない

第5章 さらにお金をふやすための金融商品
 お金のある人が、よりお金持ちになる理由
 資産運用は3段ロケットで考える
 コラム 外貨を安く調達する方法

第6章 リアルアセットを使った資産運用
 国内不動産を使った資産運用
 実物資産は「歪み」を狙う投資対象
 国内不動産と海外不動産の違い
 国内不動産の他の資産にはない特徴
 お金を借りる力を何に使うか
 「借入=悪」ではない
 FXと不動産の「レバレッジ」の違い
 人口減少、低成長の日本経済
 都心・中古・区分所有から始める
 東京都心のワンルームマンションの特徴
 国内不動産は、「利回り」ではなく、「利回り差」を狙う
 ワンルームマンション投資の収益シミュレーション
 国内不動産投資の物件リスク
 借入に伴うリスク
 国内不動産投資は最低でも5~10年で行う
 コラム 相続税対策としての国内不動産
 ワイン投資の魅力
 ワイン投資1 現物のワインに投資する方法
 現物ワイン投資のリスク
 現物ワインの取引方法とコスト
 ワイン投資2 ワインファンドに投資する方法
 ワインファンドの実績
 ワインファンドのリスク
 コラム 海外不動産も投資の魅力あり

第7章 金額別運用ガイド
 資産10万円の人の運用
 資産100万円の人の運用
 資産500万円の人の運用
 資産1000万円の人の運用
 資産全体の為替リスクの管理

おわりに お金との上手な付き合い方
 なりたいのは「労働者」「経営者」それとも「投資家」?
 お金がなくても投資家になれる
 マネーリテラシーで広がる格差
 お金の悩みから解放される