商品詳細

[電子書籍]仕事に追われない仕事術 マニャーナの法則 完全版

[電子書籍]仕事に追われない仕事術 マニャーナの法則 完全版

電子書籍 Do It Tomorrow and Other Secrets of Time Management
価格: 1,200円(税込)
フォーマット
紙の書籍
電子書籍
紙+電子書籍セット
価格
1,620円
1,200円
2,220円
個数:
  • メーカーディスカヴァー
  • 発売日2016.10.20
  • ISBN978-4-7993-1980-2

商品概要

「仕事は明日!」でうまくいく。心の余裕・集中力・達成感がグッと高まる黄金法則

商品説明

「明日まで待てないほど、緊急な仕事は無い」

◆“時間管理の定番名著”が完全版で復刊!
本書は2007年刊『マニャーナの法則』を大幅に改訂したものです。同書は、画期的なタイム・マネジメントの書としてイギリスでベストセラーになった「Do It Tomorrow」の翻訳版。日本でも反響を呼び、人気ブログ「シゴタノ!」では「数ある時間管理術の本の中で、現在 最高の1冊!」と絶賛していただきました。同書は、今回の改定で、マーク・フォースター式仕事術の全容が理解できる内容へとさらにパワーアップしました。

◆時間管理術の新発想!
「マニャーナ」とはスペイン語で「明日」。「マニャーナの法則」は「今日発生した仕事は、明日やる」を原則とすることで、これまでの時間管理のセオリーの限界を解決します。

 ×「To Doリスト」では仕事に追われるだけ
 ×「優先順位」では時間不足の問題は解決しない
 ×「すぐやる」は衝動的な反応を助長してしまう

◆“極限の集中力”と“達成感”が手に入る!
本書で手に入るものは、目先の大量の仕事を片付ける「効率」「生産性の高さ」だけではありません。目指すのは「本当の仕事」をすること。「自分がやる!」とコミットした仕事に、極限の集中力で取り組み、毎日、仕事をやりきった達成感・充実感を得るためのガイドブックです。

<本書に登場する18のキーワード>
1.クローズ・リスト
2.オープン・リスト
3.チェック・リスト
4.コミットメント
5.本当の仕事
6.忙しいだけの仕事
7.バッファー・ゾーン
8.マニャーナの法則
9.タスク
10.プロジェクト
11.タスク・ダイアリー
12.デイリー・タスク
13.ファースト・タスク
14.TO DOリスト
15.WILL DOリスト
16.ダッシュ法
17.期限の効果
18.ラベリング

目次

本書に登場する18のキーワード
訳者まえがき
はじめに

第1部:タイム・マネジメントの基本的考え方―FUNDAMENTALS OF TIME MANAGEMENT

CHAPTER 01 “理性の脳”と“衝動の脳”
 人には2つの脳がある!?
 “理性の脳”より優位に立つ“衝動の脳”
 自分自身をダマして抵抗を取り除く
 目標達成の鍵は“衝動の脳”のコントロールにある
 EXERCISE “衝動の脳”と“理性の脳”を見極める
 CHAPTER 01 まとめ

CHAPTER 02 問題はシステムで解決する
 「あなたが集中すること」があなたを作る
 問題は「集中できないこと」ではない!?
 問題を先送りする“抵抗感”の正体
 常に機能する優れたシステムとは?
 CHAPTER 02 まとめ

CHAPTER 03 機能するシステム・7つの原則
 原則1 「明確なビジョン」が存在する
 EXERCISE 「しないことリスト」を作る
 原則2 「一事に集中」する
 EXERCISE 1つのことに完全に集中する
 原則3 「少しずつ頻繁に」行う
 原則4 「リミット」を設ける
 原則5 「クローズ・リスト」を使う
 原則6 突発の仕事を減らす
 Exercise 「突発の仕事」を見極める
 原則7 コミットメントと興味を区別する
 EXERCISE 興味のあることからコミットするものを選ぶ
 CHAPTER 03 まとめ

CHAPTER 04 「効率」=「創造力」×「整理」
 「創造力」と「整理」のレベルを上げると「効率」がよくなる
 仕事がうまく進まないならシステムを変えよう
 整理が満点になるとこんな効果が
 CHAPTER 04 まとめ

CHAPTER 05 TO DOリストと優先順位の限界
 仕事が終わらない?つの理由
 優先順位には意味がない?
 TO DOリストでは仕事の管理ができない
 CHAPTER 05 まとめ

CHAPTER 06 「忙しいだけの仕事」を捨てる
 仕事をこなすか? 目標に向けて行動するか?
 「忙しいだけの仕事」が「本当の仕事」を遠ざける
 すぐやると「忙しいだけの仕事」ばかりが進む
 まず「ノー」と言ってしまう
 「ノー」が上手に言える人になる
 Exercise 「本当の仕事」を見極める
 最高のモチベーションは何から生まれるか?
 CHAPTER 06 まとめ

CHAPTER 07 緊急の仕事を見分けよう
 スキルと整理、どちらが重要か?
 仕事の能力とは、専門的スキルだけではない
 自分と仕事の間に距離を取る
 EXERCISE 新しい仕事にすぐ反応しない
 緊急レベル1 「今すぐ」
 Exercise 「今すぐ」の仕事を見極める
 緊急レベル2 「今日中に」
 Exercise 「今日中に」を見極める
 緊急レベル3 「明日やる」
 Exercise 「明日やる」を見極める
 「今すぐ」と「後で」にしか分類しないミスには要注意
 EXERCISE 仕事の緊急レベルを分類する
 CHAPTER 07 まとめ

第2部:マニャーナの法則―THE manana PRINCIPLE

CHAPTER 08 最強のマネジメント・ツール「クローズ・リスト」
 オープン・リストでは仕事をコントロールできない
 仕事をクローズすれば早く完了できる
 チェック・リストを活用する
 Exercise チェック・リストで仕事の先送りを解決する
 仕事のリストはクローズ・リストでなくてはならない
 Exercise クローズ・リストの考え方を学ぶ
 CHAPTER 08 まとめ

CHAPTER 09 究極の仕事術「マニャーナの法則」
 「マニャーナの法則」とは?
 メール・電話・書類を翌日に集中処理する
 手間のかかるタスクはプロジェクトになる
 二等分法──すべての仕事を半分にする
 タスク・ダイアリーを活用しよう
 Exercise 「マニャーナの法則」をマスターする
 CHAPTER 09 まとめ

CHAPTER 10 タスク・ダイアリーとデイリー・タスク
 タスク・ダイアリーに書くのは3種類の仕事だけ
 毎日の仕事にはデイリー・タスク・リストで対処する
 Exercise タスク・ダイアリーを使いこなす
 CHAPTER 10 まとめ

CHAPTER 11 最優先の仕事をファースト・タスクにする
 ファースト・タスク─「最も進めたい仕事」に最初に取り組む
 EXERCISE ファースト・タスクで目標を実現する
 ファースト・タスクは3つだけ
 EXERCISE 適切な仕事をファースト・タスクに選ぶ
 CHAPTER 11 まとめ

CHAPTER 12 WILL DOリスト vs TO DOリスト
 TO DOリストの問題を解決するWILL DOリスト
 WILL DOリストにリストアップする仕事とは?
 WILL DOリストを使いこなす
 EXERCISE WILL DOリストを使いこなす
 CHAPTER 12 まとめ

第3部:さらに優れたシステムへ―ADVANCED SYSTEMS

CHAPTER 13 大切な仕事の先送りをなくす
 仕事の先送りを防ぐ8つの方法
 先送りがたまったら、システムの復旧で対処する
 EXERCISE タイム・マネジメントの失敗・混乱に対処する
 CHAPTER 13 まとめ

CHAPTER 14 ダッシュ法で圧倒的集中力を手に入れる
 ダッシュ法を体験する
 期限の効果─時間を決めて、ダッシュする
 抵抗感を克服する一番簡単な方法
 EXERCISE 10分間ダッシュで仕事を一気に片づける
 ダッシュ法で複数の仕事をこなす
 ダッシュ法はチェック・リスト方式で
 ダッシュ法を機能させる?つのヒント
 複数タスクをダッシュ法で片づける
 CHAPTER 14 まとめ

CHAPTER 15 ダッシュ法をカスタマイズする
 タスクに適したダッシュ時間を配分する
 ダッシュ時間をより大きく変化させる
 タスクを徐々に増やす方法
 ダッシュ時間を固定する2つの考え方
 CHAPTER 15 まとめ

CHAPTER 16 プロジェクトをやり遂げる
 プロジェクトの2つのタイプ─継続作業と複数要素
 緊急度の低いプロジェクトから取り組む
 「仕事に向き合うこと」「仕事を片づけること」
 Exercise 行動の合間に考える習慣をつける
 Exercise プロジェクトを完了させる
 CHAPTER 16 まとめ

CHAPTER 17 仕事術を超えて達人の境地へ
 抵抗感を利用して人生を充実させる
 抵抗感とは「行動をうながすサイン」
 抵抗が一番大きい仕事からする
 どんな時に衝動に駆られて行動するか?
 Exercise 行動にラベルをつける
 CHAPTER 17 まとめ

おわりに
訳者あとがき─考える時間の大切さ

著者からのメッセージ

本書の初めての邦訳版『マニャーナの法則』は2007年に刊行となり、期待以上の反響をいただきました。特にネット系のビジネスをされている方、独立してビジネスをされている方からの反響は大きく、人気ブログ「シゴタノ」を主宰される佐々木正悟氏からは、「最高のタイムマネジメントの書」との賛辞をいただきました。

その『マニャーナの法則』をより幅広く活用していただけるように増補・改訂をしたものが本書です。原著者のタイムマネジメントに関する考えを加筆し、言わばマーク・フォースター式仕事術の全容が理解出来る「マニャーナの法則 完全版」となっています。

本書には「マニャーナの法則」「ダッシュ法」「ファースト・タスク」を始めとする取り組んだその日からすさまじい効果を実感できるテクニックがいくつも出てきます。

それにも増して興味を惹くのが「“忙しいだけの仕事”を捨てて、チャレンジングな“本当の仕事”に集中せよ」という仕事の本質に触れた部分です。著者が言う“本当の仕事”こそがあなた自身とあなたのビジネスを成長に導くものであるからです。

本書は、私自身の仕事に大きな影響を与えてくれた、心から良書と思える一冊です。本書が、読者の皆さんの一助になることを、原著者と共に祈る次第です。
(「訳者まえがき」より)