商品詳細

[電子書籍]人生がうまくいく 哲学的思考術

[電子書籍]人生がうまくいく 哲学的思考術

電子書籍
価格: 1,120円(税込)
フォーマット
紙の書籍
電子書籍
紙+電子書籍セット
価格
1,512円
1,120円
2,073円
個数:
  • メーカーディスカヴァー
  • 発売日2017.2.23
  • ISBN978-4-7993-2038-9

商品概要

累計165万部!『超訳ニーチェの言葉』の白取春彦が、古今東西の知恵に学んだ生き方のコツを大公開!

商品説明

著者・白取春彦は、哲学書についてこう語る。

「私は、哲学書を思考と人生経験の芸術だと思っている。論理の正確さだの思考体系だの真理の探究ではないと思っている。人生について考えることは、重要度において論理のような人工的なものをはるかに越えた事柄ではないだろうか。もし、人の生き方を論理と効率性で割り切って考えてしまうのならば、結局のところは経済的損得勘定になってしまうだろう。そんな味気ない虚無主義的な人生を、私個人は人生と呼びたくない」

著者は古今東西の多くの哲学書から学んだ生き方のヒントを紹介するのにとどまらず、読者に向かって熱く呼びかけ、励ます。

「この一回限りの人生を本当に生ききりたいのなら、自分主義でいかなければならない。自分が自分のルールを決め、自分がその責任をとるのだ」

「人生になんらかの物差しをあてて測定して人生の結果とするのはあまりにも小さすぎはしないか。それよりも、何が起きてもひるまず、たじろがず、むしろ不敵な笑みを浮かべて取り組む生き方のほうが人間としても高貴ではないだろうか」


読む人は誰でも、自分の人生を肯定し、前に進む勇気が得られるに違いない。


* 本書は小社が2012年に出版した『生きるための哲学』に2010年に出版した『生きるための哲学 ニーチェ[超]入門』の一部を加え、大幅に修正・再編集したものです。

目次

はじめに

第1部 本当に幸福な生き方 
1 「幸福」や「成功」という言葉に惑わされない
2 迷いながら生きる
3 自分の人生を採点しない
4 異質なものを排除しない
5 本当に実現したいことに向かって努力する
6 仕事そのものを楽しむ
7 自分を捨てる
8 清潔に生きる

第2部 悩むな、考えろ
9 世界を「知る」のではなく「生きる」
10 考えるだけでなく、言葉や行動で表現する
11 価値判断から自由になる
12 実体のない「心」に振り回されない
13 言葉にあざむかれない
14 言葉では説明できない世界があることを知る
15 他人を理解するための努力をする
16 言葉の向こう側にある思いを汲みとる
17 自分の中の「野生」を意識する

第3部 ニーチェが教える 力強い生き方
18 現実をすべて引き受ける
19 勇気をもって決断する
20 贅沢を味方につける
21 自分のルールで生きる
22 真の教師を見つける
23 本能にしたがう
24 相手を尊重する
25 洞察力を養う
26 人生を愛する

参考文献

著者からのメッセージ

この世にはうんざりするほど多くの書物があり、哲学書も一生読んでも読みきれないほどではないかと危惧するほど多い。そのすべてが素晴らしいわけではない。有名な古典だけれど、どうしようもないほどくだらない哲学書もある。反対に、小さいけれども素敵な哲学書もある。

本書はその中のごく一部をひとつまみだけ借りてきて、わたしたちの生き方にからめてなにがしか書いてみたものだ。もうすこし勇気を出して言ってしまえば、わたしたちが生きるにあたって何かの助けになるようなヒントの種を埋めたものだ。

しかしながら、たぶん、本書に書かれていることは、ふつうの生活をしていてなかなか聞くこともなかった考え方や価値観であることが多いだろう。しかしそうだからこそ、わたしたちにとても新しい発想と洞察力をもたらしてくれるだろう。また、そこから自分の人生を望ましい方向へと再出発できるだろう。

そういう効果が充分に現実となるために、この前書きを通じて私が読者に望むのは次のたった一つのことだ。

とここまで記して、最後の一行を書こうと思ったら、フラノのよれよれのジャケットばかり着ていたケンブリッジのヴィトゲンシュタインがすでに一九四七年の春にメモしてあった。それを代わりに引用しておく。

「文章は、正しいテンポで読むときだけ、理解することができる。私の文章は、すべてゆっくりと読まれるべきだ」(丘沢静也訳)

(「はじめに」より)