商品詳細

[電子書籍]The Economist 世界統計年鑑2018

[電子書籍]The Economist 世界統計年鑑2018

電子書籍
価格: 1,360円(税込)
フォーマット
紙の書籍
電子書籍
紙+電子書籍セット
価格
1,836円
1,360円
2,516円
個数:
  • メーカーディスカヴァー
  • 発売日2017.11.11
  • ISBN978-4-7993-2187-4

商品概要

グローバルエリートが愛読する英「エコノミスト」誌責任編集
世界の「今」が見える最強のデータブック
元朝日新聞社主筆・船橋洋一氏推薦!
「これは、国の力と国の立ち位置を知る地政学の本だ」

商品説明

30年近くの歴史を誇る伝統と信頼の統計年鑑に、
待望の日本語版が登場。


「Pocket World in Figures」は、1991年に英「エコノミスト」誌が第1版を発行して以降、
毎年データのアップデートと収録項目の見直しを経て発行され続け、
「世界を動かすデータブック」として各国のビジネスパーソンから絶大な支持を得てきた。
その最新版にあたる第27版を日本語に翻訳した本書は、同シリーズ初の邦訳版となる。
世界最高峰の知性が厳選する最重要統計データの数々が、本書には収録されている。

地理、経済、ビジネス、政治、社会、健康、文化……
多種多様な側面から200項目以上のランキングを収録。


・世界で最も人口成長率の高い都市=タイのサムットプラカーン
・2007-15年に世界で最も第三次産業産出額が減少した国=ギリシャ
・世界で最もビッグマック指数が高い国=スイス
・世界で最も一人当たり対外援助を多く受け取っている国=シリア
・世界で最も研究開発費の対GDP比率が高い国=イスラエル
・世界で最も教育支出の対GDP比率が高い国=デンマーク
・世界で最も生活費が高い国=シンガポール
・世界で最もテロ発生件数が多い国=イラク
・世界で最も糖尿病罹患率が高い国=モーリシャス
・世界で最も食糧不足に陥っている国=ハイチ
・世界で最も報道の自由度が低い国=エリトリア

世界各国との比較から見えてくる、
日本の強みと弱み、立ち位置とは?


・70歳以上人口割合でモナコに次いで世界第2位
・世界で最も人口が多い都市は東京、次いでインドのデリー
・仙台は都市人口の減少率で世界ワースト2位
・地方人口減少率は世界一
・外貨準備高は中国に次いで世界第2位
・企業活動の活発度は世界ワースト2位
・政府債務額の対GDP比は世界ワースト1位
・生活費は世界第3位
・道路網の混雑率は圧倒的に世界一
・1人当り音楽販売額は世界第2位

+++本書の構成+++

第1部 世界ランキング
地理、経済、ビジネス、政治、社会、健康、文化といった様々な側面から
200以上の項目について世界各国をランク付け。180ヵ国以上をカバー。

第2部 各国要覧
世界の主要な64の経済国とユーロ圏・全世界について詳細な統計を一覧化。

目次

プロローグ

第一幕 心が伝わらない世界
Scene1 スルーされる世界の中心で
・気づかれてしまった操作系
・心打つものは心しかない
・説得すればするほど売れない
・口先で話す人、心で語る人
・パワーポイント症候群
・錆びつき劣化する表現力

第二幕 心が伝わる世界
Scene2 Gap そこにドラマはあるか
・心動くところにはドラマがある
・プラス×マイナス=ハッピーエンド
・心が伝わる話には奥行き感がある
・「やる気にさせる」より「その気にさせる」
・コアメッセージと世界観
・自分の感動が先で相手の感動が後

第三幕 人を動かす心の技術
Scene3 Impact ツタワル技術
・心に伝わる二人称コミュニケーション
・たった一人に一度だけ
・言葉を削ると伝わる
・スリーアクトマジック
・自然体が最強のポジション
・空気を読まずに空気を創る
・エレガントに実績が伝わる話し方とは

Scene4 Focus ツナガル技術
・共演でツナガル
・共感と好奇心でツナガル
・言行一致でツナガル
・快の感情でツナガル
・101%でツナガル
・間と余韻でツナガル
・声でツナガル

Scene5 Thanks ツクル技術
・あなたにしか贈れないギフトは何?
・創造のデータベースにアクセスする
・自分を活かす舞台を創る
・さあ、最高のキャストを演じよう

エピローグ