商品詳細

お寺ごはん

家でつくれるお寺のレシピ 99

お寺ごはん

紙の書籍
価格: 1,188円(税込)
フォーマット
紙の書籍
電子書籍
紙+電子書籍セット
価格
1,188円
880円
1,628円
  • 発売日2012.11.13
  • ISBN978-4-7993-1248-3
  • ページ数144P

商品概要

家でつくれるお寺のレシピ 99。お坊さんが教える肉も魚もつかわないお寺ごはんで、心とカラダを整えましょう。

商品説明

・「紙の書籍と電子書籍」がセットでお得に
・「電子書籍」単品も販売中です
-----------------------------------------------------


今話題の料理僧KAKUさんが教える、家でつくれるお寺のレシピ99。
たった 3 ステップで、食べれば心もカラダもきれいになれるお寺の料理が、気軽に家で楽しめます。

お肉のみならず、お魚も使わないお坊さんのお料理は、低カロリーでヘルシー。かつ、お野菜をたくさんいただくことで、デトックス効果も期待できます。
たとえば、マヨネーズを使わないポテトサラダ、お肉の代わりにお麩を使った「肉じゃが」、もとい「お麩じゃが」など。

奈良の時代から、もっとも長寿な職業として知られるお坊さんの食事を、修行気分で家で楽しんでみませんか?

丁寧につくったものを丁寧にいただくことでカラダの中からキレイになると、心も自然と整います。

目次

【序章 料理の基本】
だし[昆布/しいたけ/大豆/野菜の皮/かんぴょう/わかめ]
ごはん
おかゆ
みそ汁[わかめと豆腐のみそ汁/豚汁もどき/酒粕汁/きのこの赤だし/なすの利休汁]

第一章 前菜
しっとりおから
春菊のごまあえ
セロリの塩きんぴら
ちりちりこんにゃく
納豆おやき
たけのこの木の芽バターみそ
揚げワンタン
海藻と豆腐のサラダ
オクラとなめこのトロトロ
ポテトサラダ
角切り野菜のナッツあえ
豆腐とモッツァレラのお刺身
豆乳茶碗蒸し
かぶら蒸し
じゃがいも餅のあんかけ
いちじくのごまだし

第二章 汁物
けんちん汁
雲片(うんぺん)汁
無明(むみょう)椀
枝豆のすり流し
トマトの透明スープ
ブロッコリーのポタージュ

第三章 豆腐
ごま豆腐
枝豆・にんじん・桜・かぼちゃ・アスパラ・とうもろこし豆腐
針昆布の湯豆腐
ほうれん草の白あえ
揚げ出し豆腐のきのこあん
豆腐ともやしのバター炒め
長いもと豆腐のまんじゅう

KAKUさんコラム

第四章 焼き物
田楽
精進お好み焼き
まるごとズッキーニのオーブン焼き
豆腐とトマトのグラタン
大豆と豆腐のオーブン焼き
米なすのはさみ焼きカツ

第五章 揚げ物
れんこんと長いものゆずこしょう揚げ
粟麩の揚げ煮
里いもとそばがき、セロリの葉の天ぷら
れんこん餅
まるごと一本なすの揚げ浸し
ピーマンの豆腐詰め
飛龍頭(ひりゅうず)
さつまいもと長いものコロッケ
根菜の皮のかき揚げ
車麩のみそカツ

第六章 煮物
お麩じゃが
冬瓜のあんかけ
さつまいものレモン煮
トマトの煮物
かぼちゃとあずきのいとこ煮
小いものゆばあんかけ
長いもの炊いたん
お寺でつくったカポナータ

第七章 酢の物
スーカラマッタヴァー
わかめともやしの梅酢あえ
焼きキャベツのマリネ
一口冷奴の緑酢がけ
梅ときゅうりのあえ物
長いもの酢の物

第八章 ごはん
「お寺ごはん」のカレー
漬け物チャーハン
そばがき
きゅうりとみょうがの冷や汁
ゆばとごま塩ののり巻き
しいたけの握り寿司
炊き込みごはん
きのこのおこわ
のり雑炊
牛乳粥
とうもろこしごはん
玄米ポップのだし茶漬け
むじなうどん
焼きお稲荷さん

第九章 鍋
雪鍋
一石三鳥精進鍋(いっせきさんちょうしょうじんなべ)
お麩と豆腐の小鍋
しいたけとにんじんの豆乳鍋
お揚げときのこの土手鍋
すいとん

第十章 デザート
白玉ぜんざい
わらび餅
おからパウンドケーキ
嶺岡(みねおか)豆腐
しょうがのシャーベット
かぼちゃと枝豆の二層羹
紫陽花(あじさい)

【巻末附録】
手づくりだれ(ソース)[ごま塩/豆腐マヨネーズ/トマトときのこのソース/田楽みそ(赤、白)/納豆じょうゆ]
KAKUさんのおすすめ食材

著者からのメッセージ

はじめまして。料理僧、青江覚峰(KAKU)です。私は「料理僧」として、食を通して仏教の教えを伝える活動をしているお坊さんです。

さて、「お寺ごはん」と聞けば、おそらくほとんどの方が「精進料理」を連想されるのではないのでしょうか。精進料理とは、日本においては歴史的に、禅宗の修行の中で重視され、肉や魚のみならず、野菜の中でも、煩悩を刺激する(精をつける)と言われる「ねぎ」「にんにく」「たまねぎ」「にら」「らっきょう」などをつかわない、修行僧が修行でいただく料理をいいます。本書はこの「精進料理」をベースに、お坊さんではない方の日常生活にも取り入れやすいよう、一部アレンジをした料理の数々をご紹介しています。

長寿の代名詞でもあるお坊さんの食生活には、どんな教えが息づいているのか、それを知り、感じてもらうには、ご自身の体験を通じていただくのが何よりではないかと思います。

肉、魚をつかわず、野菜をふんだんにつかうお寺のごはんは、体の中をすっきりととのえ、野菜を多くつかうことから、一般の食事に比べて非常に低カロリーで、ヘルシーです。KAKU 流お寺ごはんをぜひ、お楽しみください。

ニュース

・累計 7 万部を突破しました
・2015/01/18発行 「毎日新聞 日曜くらぶ」で紹介されました
・2015/01/07放送 テレビ東京「なないろ日和」で紹介されました