商品詳細

医学部の大罪

医学部の大罪

紙の書籍 (携書 113)
価格: 1,080円(税込)
フォーマット
紙の書籍
電子書籍
紙+電子書籍セット
価格
1,080円
800円
1,480円
  • 発売日2013.11.14
  • ISBN978-4-7993-1398-5
  • ページ数248P

商品概要

日本の医学と医療の進歩の最大の抵抗勢力、それが医学部です。「日本中の大学病院を敵に回しても、いま曝さなければならない、その覚悟でペンを執りました」

商品説明

・「紙の書籍と電子書籍」がセットでお得に
・「電子書籍」単品も販売中です
-----------------------------------------------------

「テレビの大罪」(新潮新書)「東大の大罪」(朝日新書)に続く、「大罪」シリーズ第三弾!
医学部が時代に合わないから、超高齢社会にも、ガン大国にも、自殺大国にも対応できない!

・ガン検診の普及でガンが増える不思議
・老年医学専門医の少ない県ほど寿命が長い!?
・胃カメラも扱えない消化器専門医
・メタボブームのインチキはなぜ起こったか?
・乳房温存療法が15年も遅れた理由
・薬害エイズ普及の遠因
・年収1500万円でなぜ豪邸がもてる?

医学部は、付属の大学病院とともに、臨床、研究、教育の三つの機能を持っている。そして、現在、そのいずれにおいても二流である。それどころか、医学・医療の進歩の最大の抵抗勢力となっている。しかし、医学部が変われば、先端医療立国となることも夢ではない。その日に向けて、これまで誰も書かなかった医学部の22の大罪を、全国の大学病院を敵に回す覚悟で、あえて問う!

目次

はじめに

■ 第1章 超高齢社会に対応できない医学部 医学部の少ない県ほど、寿命が長く、医療費も少ない!?

医学部の大罪その1 総合的な診療のできない医者を生み出している
 大学病院には内科も外科もない!?
 総合診療は、臓器別診療の足し算ではない
 平均寿命がいちばん長い長野県は、老人医療費がいちばん少ない!

医学部の大罪その2 無駄な薬剤費を使い、高齢者を薬漬けにしている
 「薬から人へ」が支持されない本当の理由
 薬を減らしたら、寝たきりだったお年寄りが歩き始めた!
 日本老年医学会のインチキ

医学部の大罪その3 誤った「正常値主義」で総合的な治療ができないでいる
 「正常値」とは、多くがただの「平均値」!
 悪玉コレステロールは悪玉ではなかった!?

医学部の大罪その4 患者の生活を見ない
 検査データがないと、診療ができない医者たち
 往診をしない大学病院の医者に高齢者医療を語る資格はない!

医学部の大罪その5 お年寄りのクオリティ・オブ・ライフを考えていない
 末期のお年寄りは、本当に「延命治療」を望んでいないのか?

医学部の大罪その6 チーム医療が機能していない
 チーム医療を邪魔する医者の世界のヒエラルキー
 看護師、薬剤師、臨床心理士……チーム医療のメンバーたち


■ 第2章 ガンも減らず、ガンで死ぬ人も減らせない医学部 ガン検診の普及でガンが増える不思議

医学部の大罪その7 外科手術が優先され、切らなくてもいいガンも切ってしまう
 なぜ、乳ガンの乳房温存療法は長く日本で行われなかったのか?
 外科医が多いから、手術が減らない?
 なぜ、ガン検診をしても、ガンになる人もガンで死ぬ人も減らないのか?

医学部の大罪その8 緩和治療も免疫学も軽視されている
 余命宣言は、誰のため?
 心身ともの「緩和治療」が進まないわけ
 放射線治療も免疫学も無視されている
 結局、外科医の仕事が減る治療法は広まらないのか?


■ 第3章 心の時代に背く医学部 四十歳未満の死因第一位の自殺にも対応できない

医学部の大罪その9 心の時代に、精神科を軽視している
 四十歳未満の死因のトップは、自殺だというのに……
 精神科があっても、生物学的精神医学。心の治療の専門家はほとんどいない
 精神科医がいても、治療に上手に利用できていない


■ 第4章 製薬会社の治験機関でしかない医学部 メタボブームのインチキはなぜ起こったか?

医学部の大罪その10 ガンで死ぬ国なのに心筋梗塞で死ぬ国の真似をしている
 メタボブームの提唱者に製薬会社から11億円!?
 太っている人のほうが長生きする?
 ガンが死亡率トップの日本が、心筋梗塞の予防にいちばん力を入れている不思議

医学部の大罪その11 栄養学を学ばない
 日本人の寿命が伸びたのは、医学の進歩より、栄養状態の向上!
 医者はそもそも日本人の食生活を知らない
 北朝鮮に限りなく近づく日本人の平均摂取カロリー!

医学部の大罪その12 自分たちに都合の悪い研究は、調査もせずに無視する
 糖尿病に関するアコード試験を無視して、インスリンを打ちまくる医者たち
 医局がある限り、日本の医学は進歩しない
 有名な「フィンランド症候群」のデータも無視された

医学部の大罪その13 薬が減らない元凶、製薬会社と医学部研究室の癒着
 薬害エイズの非加熱製剤も金まみれの医学部の医者たちによって広まった?
 アメリカでは、研修医でもまず、薬の副作用をチェックする
 さまざまなかたちでの製薬会社から医師へのキックバック
 製薬会社より強力、医薬品卸会社の政治力

医学部の大罪その14 医学常識の日進月歩の進化について行けない
 医学部の研究室から生まれた新薬はない
 副作用が報告されているのに、それと知らず嬉々として、新型抗うつ剤を使い始めた精神科医たち
 iPSがもたらす医療のパラダイムシフトに日本の医学部はついて行けるのか?
 山中教授も医学部から離れたからiPSの研究ができた!?


■ 第5章 優秀な学生をバカにして送り出す医学部 大学病院に研修医が集まらなくなっているわけ

医学部の大罪その15 研修医からも見放される臨床のできない教授たち
 『ブラックジャックによろしく』が暴露したこと
 臨床研修の必修化で明らかになった大学病院の臨床力
 臨床や教育をしっかりする人より論文を書いている人のほうが教授になれる
 社会のニーズに合った医者の適性配分をしようとしない

医学部の大罪その16 技術は進歩しているのに、教育現場は、いまだ昔ながらの根性論の世界
 職能学校である医学部で、カリキュラムの中身が、大学によってバラバラでいいのか?
 最新教育環境より根性論

医学部の大罪その17 医師国家試験も専門医認定試験も質は後進国レベル
 学会が行う専門医試験に意味はあるのか?
 臨床を知らない大学教授がつくる医師国家試験

医学部の大罪その18 コミュニケーションを教えられない勘違い教授たち
 医者の人間的問題は、もともとの性格か?受験勉強のやりすぎか?
 医学部教授の世界には、自浄作用が働かない
 いまの教授たちに、学生を面接する資格があるのか?

医学部の大罪その19 いったん医者になると、死ぬまで医者でいられるぬるま湯
 医師免許も更新制にすべき
 出産で離職した女医やナースの戦力化を!
 それでも、医療のレベルがそこそこ保たれているのは、厳しい受験戦争のおかげ?


■ 第6章 医療行政を歪める医学部 既得権の権威主義から競争原理の働く実力主義へ

医学部の大罪その20 厚労省の役人をも洗脳し、院内政治に明け暮れる教授たち
 厚労省の役人たちも洗脳される「医局教」
 厚労省と医学部教授の持ちつ持たれつの悪循環
 教授の任期制と教授会への第三者の参加を!
 全国の医学部付属病院の横に、看護学部付属病院の設置を!
 圧倒的な組織票を背景に、政治力をもち始めた日本看護協会

医学部の大罪その21 診療報酬の規定への圧力で、地域医療を崩壊へと導いた日本医師会
 弱体化しつつある日本医師会だが、医師優遇税など過去に得た利権はいまだ健在
 入院診療と外来診療の報酬が同じ!?
 地域医療崩壊の最大の要因は、「ビル診」の拡がり
 いまの開業医が地域の「かかりつけ医」になれない理由

医学部の大罪その22 無駄な医療費を減らすための努力をしていない
 いまの医療保険制度でもつのか?

ちょっと長いあとがき 先進医療立国 日本に向けて
 ITからBTへ
 医療の世界では、日本は輸入超過
 医療が最大の安全保障になる!