商品詳細

淑女に見える気品のルール

淑女に見える気品のルール

紙の書籍
価格: 1,512円(税込)
フォーマット
紙の書籍
電子書籍
紙+電子書籍セット
価格
1,512円
1,120円
2,073円
  • 発売日2014.1.23
  • ISBN978-4-7993-1454-8
  • ページ数224P

商品概要

『気品のルール』『淑女のルール』合計15万部のベストセラーが、ひとつになって再登場! 何十年経っても色褪せない、一生モノの気品が身につく女性の新バイブル。

商品説明

・「紙の書籍と電子書籍」がセットでお得に
・「電子書籍」単品も販売中です
-----------------------------------------------------

「淑女」というイメージは、自分から遠いものだと思っていませんか?
実は、日常のささいなことに気をつけるだけで、ぐんと気品溢れるオーラが生まれます。
持って生まれた美貌はいつか失われますが、気品は一生モノ。
生涯、「素敵な女(ひと)ね」と言われるために、周囲から一目置かれる女性になるために。

淑女に変身するためのコツを、基本編と実践編に分けてご紹介します。


(「はじめに」より)
わたくしたちは、人のどういうところから「気品」のあるなしを判断しているのでしょう? もし、その判断を決定している項目を抽出することができたら― というわけで、本書が生まれました。

読んですぐにインスタントに気品が身につくというわけにはまいりませんが、もし、それを将来にわたって身につけていきたいと願うのなら、本書の指示に従うのが、現在のところ、もっとも近道であることは断言いたしましょう。

ルールの基本となっているのは、原理原則とマンウォッチングです。気品が形となって現れる具体的事象の中から、比較的容易にできて、かつ気品のあるなしの判断基準となりがちなものを精選致しました。

したがって、必ずしも衣食住のすべてを均等に扱っているわけではなく、あくまでも実践の立場から、人の視線、意識の集中しやすい領域、シーンでの振る舞い方のポイントを細かく取り上げる結果となっています。

しかし、取り上げているのは、「形」であり「物」であり「様式」ですが、目的は「心」です。人間としての、品性としての「心」を、「形」の実践の中から自然に身につけ、読者のみなさまとともに、今や死語に近い「気品ある淑女」への道を歩むことができましたら、うれしい限りです。

ようこそ、気品主義の新たなる世界へ。

目次

はじめに 気品ある淑女への道

■ PART 1 基本を厳選して30のルール

Lesson 1 気品ある容姿
 Rule 1 視線はまっすぐ。
 Rule 2 美しいものを見る。
 Rule 3 微笑み。そして、微笑み。
 Rule 4 不満顔、怒り顔は、小市民の証。
 Rule 5 背中に天使の羽を持つ。
 Rule 6 そろった指先は弧を描く。
 Rule 7 疲れていても、脚をそろえて腰掛け、腰から歩く。
 Rule 8 ウェイトコントロールより筋力トレーニング。
 Rule 9 ブランドに頼らないおしゃれ。

Lesson 2 気品ある会話
 Rule 10 聞き手にだけ聞こえる声。
 Rule 11 人前での興奮と声高は禁物。
 Rule 12 出会いと別れの丁寧な挨拶。
 Rule 13 相手を尊重した会話。
 Rule 14 トゲのある言葉も受け流す。
 Rule 15 雄弁な沈默。
 Rule 16 他人の領域に踏み込まない。
 Rule 17 自分の言葉に責任を持つ。

Lesson 3 気品ある行為
 Rule 18 ご招待の食事を残さない。
 Rule 19 ゆったりと的確な動作。
 Rule 20 冷静沈着、非常時こそ。
 Rule 21 相手を優先する。
 Rule 22 自分をおとしめない。
 Rule 23 丁寧で親切。
 Rule 24 住まいを美しく清潔に保つ。
 Rule 25 よいデザインのものしか使わない。

Lesson 4 気品ある精神
 Rule 26 ささいなことも真剣に
 Rule 27 こだわりを持たない。
 Rule 28 ご都合主義から気品主義へ。
 Rule 29 自分の幸せに感謝している。
 Rule 30 テーマと目標を持って生きる。

■ PART 2 より実践的に。50のルール

Lesson 5 淑女のしぐさ
 Rule 31 お辞儀は、いったん立ち止まって。
 Rule 32 顔見知りでなくても、黙礼。
 Rule 33 動作は一度にひとつだけ。
 Rule 34 ものは両手で。
 Rule 35 音を立てずに。
 Rule 36 約束を守る。何があっても。

Lesson 6 淑女の会話
 Rule 37 「すみません」の代わりに、「恐れ入ります」。
 Rule 38 「ありがとうございます」の代わりに、「ありがとう存じます」。
 Rule 39 自分のことは、「わたくし」。
 Rule 40 親しき仲にも敬語づかい。
 Rule 41 淑女、噂話に近寄るべからず。
 Rule 42 淑女、批判を力説せず。
 Rule 43 話題は、絵画や本、音楽やお芝居のこと……。

Lesson 7 淑女の装い
 Rule 44 いつもそこには手袋が。
 Rule 45 ファッショナブルは苦手。
 Rule 46 キャメル、ベージュ、ホワイト。
 Rule 47 靴を磨く。
 Rule 48 小さくまとめた髪。エステの威力の美肌。
 Rule 49 アクセサリーと宝飾ならお任せ。

Lesson 8 淑女のプレゼント
 Rule 50 借りたものをお返しするときには、小さなプレゼントを添える。
 Rule 51 プレゼントするのは、とびきりの上等品。
 Rule 52 差しあげるものには、リボン。とにかくリボン。きれいなリボン。
 Rule 53 贈りものに添えられるドライコサージ。
 Rule 54 訪問客へのちょっとした手みやげ。
 Rule 55 練習、練習。プレゼントにも練習が必要。

Lesson 9 淑女の手紙
 Rule 56 お礼状の字は、万年筆。
 Rule 57 はがき、便せん、封筒は、無地。
 Rule 58 ひそかに習う、ペン習字。
 Rule 59 礼状は、簡潔かつ大げさな感謝の表現。
 Rule 60 手紙には、記念切手。

Lesson 10 淑女のお招ばれ・ご招待
 Rule 61 訪問先では、靴は、そろえて端に。
 Rule 62 コートは脱いで。傘は、ドアの外の隅。
 Rule 63 訪問には、ジャケットかワンピース。
 Rule 64 訪問先でのトイレは我慢。
 Rule 65 トイレを借りるなら、ハンカチを持って。
 Rule 66 ゴミはテイクアウト。
 Rule 67 三種のハンカチ。
 Rule 68 いつも手帳とペン。
 Rule 69 お礼の電話。お礼のはがき。
 Rule 70 部屋には花。いつも花。
 Rule 71 トイレ、洗面所には、ゲストタオル。
 Rule 72 食器とリネンにもイニシャル。
 Rule 73 カトラリーは、銀。それも、スターリングシルバー。

Lesson 11 淑女のお出かけ
 Rule 74 日常の生活と変わらないレベルのホテル、レストランに。
 Rule 75 旅先でまわりに違和感なく溶け込める服装。
 Rule 76 してもらい上手。
 Rule 77 「ありがとう」の連発。
 Rule 78 レストランでは、目で合図して。
 Rule 79 高級店で、なじみでもないのに愛される。
 Rule 80 子どもも紳士淑女にしつけよう。

あとがきにかえて 気品への道