商品詳細

頭の回転を速くする45の方法

頭の回転を速くする45の方法

紙の書籍 (携書193)
価格: 1,080円(税込)
フォーマット
紙の書籍
価格
1,080円
  • メーカーディスカヴァー
  • 発売日2018.2.25
  • ISBN978-4-7993-2232-1
  • ページ数184P
  • サイズ新書判・ソフトカバー /

商品概要

累計6万部突破!
考え方の「型」を身につければ、仕事ができる人になる!
知識やスキルを120%発揮し、あらゆる分野で成果を出すためのビジネス思考の原理原則がこの1冊に。

商品説明

*本書は2012年に出版された『頭の回転数を上げる45の方法』を再編集・改題したものです。

スキルアップ本を読んで、形だけならすぐに真似することはできても、そこにある思考やマインドを真似ることは簡単ではない。
テクニックや知識を活かす素地をつくるには、さまざまなトレーニングが必要だ。

スキルアップ本や仕事術本を100冊読むより、
本書でビジネス思考の「型」を学び、自分の頭で考える習慣をつけよう

本書の著者は、かたや税務会計のプロフェッショナルで、
かたやソフトウェア開発の辣腕プロジェクトマネジャー。
分野は異なるが、それぞれビジネスの現場に身を置きながら、
数多くの場面に遭遇し、多くのビジネスパーソンたちに出会ってきた。
そんななかで気がついたのは、
どんな局面にあっても必ず成果を出す人と、そうでない人がいるということ。
その違いは、いったいどこにあるのだろう?

それは知識やスキルの量などではなく、
知識やスキルを運用する「頭の土台の性能」にある、というのが二人の結論だ。
コンピュータにたとえれば、知識やスキルがアプリケーションソフトウェア
であるのに対し、それを運用する土台(=頭)はOSであるといえよう。
頭の回転が速い人は、このOSレベルの能力が高いのだ。
これら土台の性能が低ければ、いくら知識やスキルを集めても成果を上げることは難しい。

この土台のことを、本書では「素アタマ」と呼ぶ。
「素アタマ」とは知識やスキルの基盤であり、それらを運用する知的運用能力をさす。
「素アタマ」のいい人は、どんな分野でも成果を出すことができる。

本書では、「素アタマ」のいい人の思考習慣やマインドを45項目にわたり紹介する。
これらは知識やスキルと違い、一朝一夕に獲得できるものではないかもしれない。
しかし一歩一歩鍛錬を積み重ねることで、その「運用能力」をひとたび身につければ、
ビジネスパーソンとしてのステージは必ずや上がるはずだ。