商品詳細

強育ドリル 完全攻略 分数

考える力を育てる

強育ドリル 完全攻略 分数

紙の書籍
価格: 1,080円(税込)
  • 発売日2007.6.30
  • ISBN978-4-88759-562-0
  • ページ数112P
  • サイズB5変型ソフトカバー /

商品概要

無試験先着順の入塾で首都圏最難関中学80%以上の進学率の「宮本算数教室」で実際に使っている問題を自宅学習用にアレンジしました。算数の苦手な子どもでも、興味を持って解き進み、中学入試レベルの力がつくように…

商品説明

無試験先着順の入塾で首都圏最難関中学80%以上の進学率の「宮本算数教室」で実際に使っている問題を自宅学習用にアレンジしました。算数の苦手な子どもでも、興味を持って解き進み、中学入試レベルの力がつくように構成されています。
 分数は、小学校算数のつまづきどころです。普通は、分数はたし算から入りますが、分数とはそもそも割合を表すための道具。たし算から入るのは間違いで、かけ算から入るべきです。本書では線分図や時計を使って、無理なく分数の概念を理解していきます。図を書きながら考える習慣を身につければ、式を立てるのも簡単! この1冊で算数が楽しくなるでしょう。ぜひ、身近なものに応用し、分数を生活の中に役立てて下さい。

<強育ドリル・7つの特徴>

(1)宮本算数教室で実際に使われている教材です。
 この「強育ドリル」は宮本算数教室で実際に使われている教材に、ていねいな解説を加えて、自宅学習用にアレンジしたものです。宮本算数教室は無試験先着順での入塾にも関わらず、卒業生のほとんどが首都圏最難関中学(開成、麻布、筑駒、栄光、駒東、桜蔭、フェリス)に進学しています。

(2)無理なく中学入試レベルの力がつきます。
 最初の問題は、小学3年生あたりから取り組めるレベルに設定しています。このドリルの35題に順番に取り組めば、無理なく力がつき、中学入試レベルまで引き上げられるように工夫されています。

(3)算数の面白さが分かり、算数が好きになります。
 この「強育ドリル」は試行錯誤型学習スタイルの問題集です。この方法のメリットは勉強をやらされているという気持ちにならず、ストレスがかからないということです。いったん熱中しはじめると、時間も忘れて没頭することもあります。

(4)とても分かりやすい解説がついています
 先生と、ふたりの小学生ケンとマリの会話形式での解説です。実際に問題に取り組んだ小学生の目線に合わせた、丁寧な解説になっているので、理解が深まります。本当に先生に教えてもらっているように感じられるでしょう。

(5)1つの問題で複数の解き方が身につきます
 1つの問題に対して、複数の解法(問題を解く方法)を提示しています。答えが合っていても、他の方法でもう一度解いてみると、さらに力がつきます。


(6)自分の答えに確信がもてるようになります。
 手順暗記型学習では、答えが合っても楽しくないし、答えが合わなくても悔しくありません。ところが試行錯誤型学習スタイルだと答えが合うと楽しいし、答えが合わないと悔しいのです。そのため答えを見直す習慣が身につき、ミスもしなくなります。

(7)「生きる力」が身につきます。
 試行錯誤型学習を繰り返すことで、算数の問題が解けるようになるだけでなく、粘り強さ、慎重さなど生きる力につながる真の学力が身につきます。

著者からのメッセージ

<保護者の方へ> 本書を手にされるのは、小学生のお子さんをお持ちの方が多いと思います。ご自身の経験を含めて、今まで一度も問題集を買ったことのない方はいらっしゃらないでしょう。今までに何冊の問題集を買われましたか?その中に、1冊丸ごと終わらせた問題集は何冊ありますか?0冊という方が多いのではないでしょうか? 私自身も0冊です。市販の問題集を見ますと「これでもか!」というくらい問題がぎっしりと詰まっていて、解いても解いてもなかなか前に進むことができません。それなのに解説はあっさりしていて分かりにくく、「この解説は問題が解けた人にしか理解できないのでは?」といつも思います。 この強育ドリルでは、問題数を本文20題、入試問題8題に絞りました。解説は、お子さんの目線に合わせて、可能なかぎり分かりやすくしましたので、算数に苦手意識のあるお子さんでも取り組めるはずです。 たいていの参考書、問題集には、公式が太枠で囲まれて書かれていますが「こんなの、いらないのになあ」といつも感じます。公式に数字を当てはめて正解を出しても、楽しくないですよね。式など気にせず、ひたすら書きだせばいいのです。書きだしているうちに、問題の仕組みが分かり、自分で公式を編み出せるようになります。問題が解けるかどうかはどうでもいいのです。頭は使った分だけ確実に賢くなります。 この1冊をやり終えると大きな達成感が得られ、自信がつくことでしょう。 さあ、ケンとマリと一緒に、楽しく、真剣に悩んでみましょう!算数上達に最も必要な資質は堪え性です。「強育パズル」をやったことのないお子さんはぜひ「強育パズル」を1冊やり終え、ねばり強さを養ってから本書に取り組んでください。

編集者メッセージ

スタジオ・ジブリの映画『おもいでぽろぽろ』の中で、小学5年の主人公の女の子が、分数の割り算がどうしても理解できずに悩む姿が出てきます。この場面を見て、あー「わたしもそうだった」と共感した人も少なくなかったようですが、「分数」が理解できるかどうかは、その後、数学を苦手になるかどうかの大きな分かれ目。しかし、もうそうした悩みもこの1冊で解消です。このドリルでは徹底的に、線分図で分数の概念を理解しながら進みます。「決まり通りに計算すればいいんだ」といった無理矢理な押しつけはどこにもありません。 難しい問題でも、こんなに簡単でいいの? と思わず戸惑ってしまうくらい、スッキリとけてしまいます。「分数の壁」をまだ越えられていない、小学生中学生に、またはじめて分数をならうときの入門書に、自信を持ってオススメします。