商品詳細

いい仕事ができる人の考え方

あなたの「働きモード」が変わる36のQ&A

いい仕事ができる人の考え方

紙の書籍
価格: 1,512円(税込)
  • 発売日2009.3.15
  • ISBN978-4-88759-694-8
  • ページ数224P
  • サイズ四六判ソフトカバー /

商品概要

“100年に一度の危機”の今「将来が不安」「仕事がツラい」「人間関係が重い」……、そんな悶々とした人が増えています。 しかし、その一方で「未来に期待!」「仕事が面白い!」「人間関係も軽やか!」…と快活な …

商品説明

“100年に一度の危機”の今「将来が不安」「仕事がツラい」「人間関係が重い」……、そんな悶々とした人が増えています。 しかし、その一方で「未来に期待!」「仕事が面白い!」「人間関係も軽やか!」…と快活な人もたくさんいます。こんな時代でも、元気に楽しく働くには、何が必要なのでしょうか?どうすれば、もりもりと意欲を高め、仕事にチャレンジできるのでしょうか?そのヒントは「仕事観」にあります。仕事が楽しい人は、強い「仕事観」を持っています。自分の言葉で「働く意味」を語れるのです。本書では「仕事選び・働き方」「自分の成長のさせ方」「人間関係のつくりかた」「仕事の幸福のつかみ方」などについて36のQ&Aで収録しました。   <たとえば、こんな「問い」に答えます>・ 目標達成に疲れを感じます。どうすれば気力が湧くのでしょうか? ・ 入社10年「このままでいいのかな?」と不安なのですが……?・異動希望が通らないので、転職を考えているのですが……。・自分が本当に何をやりたいのか「自分探し」をしてみたいのですが……。・上司に恵まれません。いつも苦労ばかりしているのですが……。なんだか仕事が楽しくない、未来が開けていく感じがしない、そんな時に読んでみてください。きっと「働く意味」を見出す一歩を踏み出せるはずです。そうすればワクワクとエネルギーが湧いてきて、仕事がどんどん楽しくなるでしょう。「プロフェッショナルとは何か?」をテーマに多くの企業研修を手がけ、ビジネス誌『Think!』でも連載中の気鋭のキャリアコンサルタントによる仕事論。

目次

第1章 活き活き働く仕事人になる
  ・会社に期待した私がバカだったのでしょうか?
  ・キャリアアップして、負け組にならないように頑張らねば……。
  ・目標達成に疲れを感じます。どうすれば気力が湧いてくるのでしょうか?
  ・このまま気力がしおれてしまうんじゃないかと不安なのですが……。
  ・長く仕事をやっていけるように、仕事の動機をどうすればよいのでしょうか?
  ・品質に問題がある商品を売ることに気が引けるのですが……。
  ・会社はヒトを材料としか考えていないのではないでしょうか?

第2章 仕事の能力を開放する 
  ・異動希望を受け付けてもらえないので、転職を考えているのですが……。
  ・最も重要な才能は何でしょうか?
  ・自分の意見をうまく言えるようにするにはどうすればいいのでしょうか?
  ・自分を成長させるには、どうすることが一番いいですか?
  ・後輩のメンターになりました。忙しいし、正直、面倒なのですが……。
  ・社員の能力開発の費用は会社に出してもらいたいのですが……。
  ・結果とプロセス、どちらが大事なのでしょう?
  ・会社をやめた元同僚に五年ぶりに会いました。たくましくなっていました……。

第3章 人間関係を軽やかにする 
  ・早く独立して、自由に伸び伸び働きたいのですが……。
  ・リーダーになりました。引っ張るタイプでもなく、とても不安なのですが……。
  ・上司に恵まれません。いつも苦労ばかりしているのですが……。
  ・政治力や処世術が出世を決めている気がします。バカらしく思うのですが……。
  ・入社して十年になります。「このままでいいのかな?」と不安です
  ・転職は会社への裏切りなんでしょうか?

第4章 仕事の景色を明るく変える
  ・自分が本当に何をやりたいのか、自分探しをしてみたいのですが……。
  ・「十年後の自分を描け」というシート、まったく書けないのですが……。
  ・夢とか志があまりに遠すぎます。何から始めればよいのでしょうか?
  ・脈絡のない人事異動で、一貫性のある能力や経歴が築けないと不安なのですが……。
  ・カネを稼ぐことが働く目的ではないのでしょうか?
  ・お金以外の報酬には何があるのですか?
  ・仕事と生活を対立するものとして区別することに違和感があるのですが……。

第5章 働き観を強くする
  ・幸せな職業人生を送る人の共通点はなんでしょう?
  ・雇われの身で仕事に感動を求めるのは何かむなしい気がするのですが……。
  ・人生は、自分の努力の範囲で変えられることって少ないように思うのですが……。
  ・「天職」ってなんですか? 誰しも天職を見つけることができるでしょうか?
  ・仕事のラクな事業部と、給料が違いありません。不公平です。
  ・貢献度は高いのですが、いまひとつ評価されません。
  ・数字や競争にとらわれて、ものを作り出す根本を忘れがちだと思うのですが……。
  ・今の世の中は、欲望がエスカレートして危うくなっていませんか?

参考文献   あとがき