商品詳細

中学生からの勉強のやり方

中学生からの勉強のやり方

紙の書籍
価格: 1,404円(税込)
フォーマット
紙の書籍
電子書籍
価格
1,404円
1,040円
  • 発売日2013.3.15
  • ISBN978-4-7993-1303-9
  • ページ数216P

商品概要

「勉強のやり方」を教える塾・プラスティー代表の現役東大院生が書いた、「勉強キライ(>_<)」が「勉強楽しい!(o^∇^o)」になるメソッドの集大成! 5 教科の正しい勉強法を、手取り足取り教えます。

商品説明

2008 年 5 月、当時 20 歳の現役東大生が生徒1人からスタートした学習塾・プラスティー。「中間テストで英語が 7 点だった高校生が、期末テストで 90 点になった」という口コミが口コミを呼び、ほとんど広告も打たずに、4 年間で生徒数 100 名を超えたそうです。

このプラスティー、いちばんの特徴は「勉強のやり方」を教える塾だということ。たしかに、「勉強の内容」は教わっても、「勉強のやり方」を教わった経験がある方は少ないのではないでしょうか。

本書は、プラスティー代表の清水さんが、これまで中学生に教えてきた「勉強のやり方」を集大成的にまとめたものです。勉強の 4 つのステップ(予習、授業、復習、テスト)ごとに、5 教科(英語、数学、国語、理科、社会)の正しい勉強法を手取り足取り解説しています。

いま「勉強キライ!(>_<)」な人は、「勉強って楽しい!(^o^)」になれますよ!

これが清水式「勉強のやり方」9 つのルール!
予習
 1 疑問を教科書やノートに書き出す
 2 あらかじめ「自分の答え」を用意しておく
授業
 3 メリハリをつけて頭をフル回転させる
 4 後で見返したくなるようなノートをつくる
 5 授業中にできる限り覚える
復習
 6 「覚える」型復習をする
 7 「解く」型復習をする
テスト
 8 テストの「傾向」を把握する
 9 傾向に沿って「対策」をする


(「はじめに」より)
勉強が好きじゃないのは、あなただけではありません。全国、みんなそうなのです。でも、勉強はしなければいけない……。そんなジレンマの中で、今の中学生は生きているんです。

それでも、僕は言います。勉強は楽しい、と。

信じられない、だって?そんな人は、とりあえず一気に読んでみてください。読み終わったころには、「なんだ!勉強ってこうやればいいのか!」「これなら勉強してもいいかも?」と思っていてくれるはずです。 

目次

はじめに
 勉強なんて、大キライ!!
 勉強がキライになったのは、みんなが悪いわけじゃない!
 この本は、中学生に書いた「勉強を楽しむための本」です

先生がた、保護者のみなさまへ

第1章 勉強を始める前に知っておいてほしいこと
「中学生の勉強」って?
必要なのは「自学力」!
「勉強のやり方」が身につけば、すべてがうまく回りだす!
そもそも、勉強とは?
勉強とは「できない」を「できる」にすること

第2章 勉強の4つのステップ
2−1 予習
 予習ってなんでするの?
 予習をするとどんなイイコトがある?
 予習って何をやるの?
2−2 授業
 授業ってなんであるの?
 忘れてしまうのは、だれでもいっしょ!
 授業をしっかり受けるとどんなイイコトがある?
 授業中って何をやるの?
2−3 復習
 復習ってなんでするの?
 復習をするとどんなイイコトがある?
 復習って何をやるの?
 復習のタイミングは、「その日、次の日、日曜日」!
2−4 テスト
 テストってなんであるの?
 テストって、どんなイイコトがある?
 テスト勉強っていつ始めるの?
 テスト勉強って何をやるの?
 テストが返ってきたら?

第3章 各教科の勉強法
3−1 英語の勉強法
 英語の勉強の基本姿勢 
 予習
 授業
 復習
 テスト
 教科書を飛び出そう!
3−2 数学の勉強法
 なんで数学を勉強しないといけないの?
 計算を得意にする
 「わかる」を大切にする
 予習
 授業
 復習
 テスト
 教科書を飛び出そう!
3−3 国語の勉強法
 国語で求められる4つの力 
 予習
 授業
 復習
 テスト
 教科書を飛び出そう! 〜読むことと書くこと〜
3−4 理科の勉強法
 理科ってどんな教科?
 理科で最も大切なものは?
 予習
 授業
 復習
 テスト
3−5 社会の勉強法
 社会って「暗記科目」?
 じゃあ、社会ってどんな教科?
 予習
 授業
 復習
 テスト

著者からのメッセージ

勉強がわかるために必要なこと。それは、「勉強のやり方」を知ることです。

「勉強のやり方」がわかれば、勉強がどんどんわかるようになります。わかるようになれば成績が上がる。「できる」「解ける」喜びも味わうことができる。そうすると、さらに学びたくなる。

と、いい循環が生まれていきますよ!

ニュース

・累計 4 万部を突破しました