著者リスト

クリスティアン・ヘッセクリスティアン ヘッセ

プロフィール

Christian Hesse

1987年にハーバード大学(米国)で博士課程を取得、1987~1991年、准教授としてバークレーのカリフォルニア大学で教鞭をとる。1991年、30歳でドイツ連邦でもっとも若い教授としてシュットットガルド大学の数学教授に招聘される。
ヘッセの研究の重点は推計学の分野にあり、教科書『確率論』を著している。余暇には読書、執筆、寝ること、チェスを好む。2006年にはエッセイ集『チェスの世界の探検』を出版、ウイーン『スタンダード』紙から「チェスについてこれまでにまとめられた本では、もっとも機知に富み、読むに値する1冊」と賞賛された。(以上、邦訳未刊行)
好きな画家はヘルプストで、そのモットーに賛同している。「科学は真実を見つけることである。しかし我々は生半可な真実しかもたらさないことが多い。しかもその間違った半分を真実だと思っている」

著書