著者リスト

越前敏弥エチゼントシヤ

越前敏弥

プロフィール

文芸翻訳者。1961年、石川県金沢市生まれ。6歳から東京に住み、東京教育大駒場中学・高校(在学中に筑波大駒場中学・高校と改称)から、東京大学文学部国文科卒。ゲームセンター従業員、学習塾自営、留学予備校講師などを経たのち、37歳からエンタテインメント小説の翻訳の仕事をはじめる。10数年に及ぶ英語講師生活のなかで、中学生から社会人まで、さまざまな学力の生徒と接するなかで、日本人が誤読・誤訳に陥りがちな英文を収集しつづける。それをもとに書かれた『日本人なら必ず誤訳する英文』(ディスカヴァー携書)がベストセラーとなる。本書はその続編であり、復習・応用編でもある。ほかの著書に、より自然で正確な訳文作りのスキルをまとめた『日本人なら必ず悪訳する英文』(ディスカヴァー携書)がある。
おもな訳書に、『SIX-WORDSたった6語の物語』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、『インフェルノ』『ダ・ヴィンチ・コード』『Yの悲劇』『シートン動物記』(以上、角川書店)、『解錠師』『氷の闇を越えて』(以上、早川書房)、『チューダー王朝弁護士シャードレイク』(集英社)、『夜の真義を』(文藝春秋)、『飛蝗の農場』(東京創元社)、『父さんが言いたかったこと』(新潮社)など。
現在、朝日カルチャーセンター新宿教室、中之島教室で翻訳講座を担当。

リンク

著書