著者リスト

加藤俊徳カトウトシノリ

加藤俊徳

プロフィール

医師・医学博士。「脳の学校」代表。
新潟県生まれ。県立長岡高校、昭和大学医学部大学院卒業。
屈指の技術を持つ脳画像鑑定、脳イメージング、大脳機能生理学の専門家として国内外で活動中。
1991年、ヒトの脳機能を頭皮上から光計測するNIRS原理を発見。さらに10年後、脳の酸素交換機能を計測するCOE計測法へ発展させる。これらの脳画像法の研究成果が認められ1995年に渡米。2001年まで、米国ミネソタ大学放射線科MR研究センターにてアルツハイマー病や脳イメージング研究に従事。帰国後、慶應義塾大学医学部訪問講師、東京大学医学部大学院講師などを経て「脳の学校」を創業。医師としての研究・臨床活動の傍ら、独自のMRI脳画像鑑定技術を生み出し、胎児から超高齢者まで1万人以上の脳を分析。発達障害の原因となる海馬回旋遅滞症の発見など、業績・論文多数。現在「脳の学校」代表を務め、MRIを用いた「脳個性」鑑定や、脳科学を生かした個人や企業組織の脳教育アドバイス、ニューロマーケティングの技術開発等も行う。

著書