特集

水星

表紙は、各星のラッキーカラーとラッキーアイテムになっています

0 学占い 水星

1,080 円

■ 目次

あなたののぞむ運命を、自らつくりだすために
1章 0学占いで運命をひらく
2章 水星の世界
 水星の人となり/水星の運命周期
3章 水星の人づきあい
 水星のコミュニケーション
4章 水星の恋愛と結婚
 水星の人が恋をするとき
5章 水星とそのほかの星
 水星の相性について
6章 水星のライフスタイル
 水星の才能/水星の好奇心/水星のお金/水星の美/水星の健康、からだ/水星の著名人
7章 水星に幸せをもたらすもの、そうでないもの
 モチーフ/色/場所/食/方位
水星へのメッセージ 
あなたの周りの人の0学運命周期を知ろう

水星の人となり

水星の性格を示すキーワードは、「華やか」「情熱的」「開放的」です。パッと見て誰もが注目するような華やかさに惹かれ、自分自身も周りの視線を集めるような華やかな存在でいたいと願う人。その心の裏には、「自分らしく輝いていたい」と願う気持ちがあります。

ただし、水星の考える自分らしさは、人に認められることで確立していくもの。つまり、人からどう見られるかが重要なのです。人間は、他人との関わりの中で生きていくものだから、人は一人では生きていけ
ない……。そう考えたとき、水星の幸せを実感させてくれるのは、他人なのです。

水星の心には、どこかで「相手に必要とされることが、自分の価値を上げる」という思いがあります。その相手が自分にとって重要度の高い人であればあるほど、自分の存在意義も高まっていきます。自分らしく輝きたいと思う一方で、その充実感は、他人との関わりの中で得られるという、矛盾を抱えています。

けれども水星は、その矛盾を突き詰めて考えるより前に、行動します。自分の好きなこと、価値を見出したものに対しては、とことん情熱を注ぎ、手に入れるための努力を惜しまずまっしぐらに進むのです。

目標やターゲットに狙いを定めたら一気に燃える星と言えるでしょう。「これだ!」と思ったときの行動力と情熱は驚くほど強く、それをストレートに表現するため、結果が出るのも早い傾向にあります。ダメならダメで、また目標を新たに設定し、果敢にチャレンジ! そうやって目標に向かって情熱を注いでいるときが、一番水星が輝いているときなのです。

0学運命グラフ

0学では、一つの星の周期を「十二年で一周期」ととらえます。十二年の中で春夏秋冬があり、さらに十二の周期には、それぞれ「背信」「0地点」「精算」「開拓」…といった、その時期を表す名前がついています。十二周期は三つで一つの季節を構成し、たとえば、同じ冬という季節であっても、それぞれ異なる意味と運勢を持っています。一つひとつの時期については、下記の「0学運命グラフ」を参照してください。これをベースに、そのときどきの時期の運勢を知り、行動の指針にすれば、間違いは犯さずに済みます。
さらに、0学運命グラフを見ると、運命の浮き沈みがわかります。「0地点」は運命の底ですが、次の「0地点」では、その底が少し上がっています。つまり、運命は、周期を繰り返しながらも、少しずつ上昇しているのです。

0学運命グラフ

0学運命盤

0学運命グラフでは運勢の浮き沈みを表しましたが、下記の0学運命盤を見ると、運勢は周期を繰り返していて、どの年がどの時期にあたるかがわかるでしょう。ただし、前述の通り、運勢は少しずつ上昇していくので、この図は平面上に見えますが、実は「らせん状」にまわりながら上昇しているのです。
0学運命盤は、年だけでなく、月、日も単位にすることができます。年を一単位にすれば十二年で一周ですが、月を一単位にすれば、十二カ月で一周となり、日を一単位にすれば、二十四時間で一周となります。運勢の周期は、年単位だけでなく、月単位、時間単位でも、刻一刻と変わっているのです。0学にはさらに、十二年を単位とする「大運」もあることを知っておきましょう。

水星 0学運命盤

水星の人が恋をするとき

恋をするために生まれてきたと言っても過言ではないくらい、水星と恋愛は切っても切り離せないものです。恋愛は水星の人の生きがいであり、恋愛をしているときが輝いているとき。そして、運気もよくなるので、いくつになっても、結婚してからも、恋心を抱くことを楽しんだほうがいいでしょう。ですから、基本的には、恋多き人。惚れっぽく、ひと目で「好きか、好きじゃないか」を無意識に判断しているようなところがあります。判断基準は、見た目と雰囲気。何かを頑張っていて輝いている人が好きです。デキる人も好きな水星は、「この人、すごい!」と感じる人にも興味を持つでしょう。

一瞬で恋に落ちてしまう水星は、狙いを定めたら、アプローチを開始します。明るく楽しげな雰囲気を身にまとい、相手を楽しませたい、気分よくさせたい、という気持ちで近づくため、警戒されることは少なく、すぐに友だちになれるでしょう。「あなたのことが好き」「あなたに興味があるからもっと仲よくしたい」そういう気持ちをストレートな態度と言葉で伝えるため、相手も周囲にもわかりやすく、見ていて気持ちがいいほど。「相手がのってきた!」と思えば、グイグイと関係をつくっていきます。相手の反応が悪ければ、すぐに諦め、執着しません。相手がかけひきのつもりでどっちつかずな態度を取っているとき、水星は何度かわかりやすくアプローチしますが、それでも煮え切らないと、愛想を尽かしてしまいます。すぐに決めてほしい水星は、うじうじと態度をごまかす相手は面倒くさくなってしまうのです。