2013 年

  • May
    13

    「そしてみんなノマドになる」大石哲之・松井博トークイベント

    大石哲之、松井博
    ゲスト:
    大石哲之、松井博
    開催日:
    2013.5.13(月)19:00-20:30
    参加費:
    無料
    会場:

    参加資格: 大石哲之/著 『ノマド化する時代』 、松井博/著 『企業が「帝国化」する』 のどちらかの書籍を購入された方、または当日書籍をご購入いただける方

    開場: 18:45
    定員: 80 名(好評につき定員を増やしました)

    ディスカヴァー・トゥエンティワン
    〒102-0093 東京都千代田区平河町2-16-1 平河町森タワー 11F
    http://www.d21.co.jp/company/access

    このトークイベントでは、 『ノマド化する時代』 著者の大石哲之さんと、 『企業が「帝国化」する』 著者の松井博さんが、ノマド化する社会の現状と21世紀の仕事の行方、そして私たちが生き残るためにすべきことを語ります。

    概要

    すべての人がノマドを強いられる現実が、始まっています。ここで言うノマドは、流行りのノマドワーカーとはちょっと違います。

    1. 近代国家に代わって、グローバル企業・個人が主役になる新しい中世。
    2. 中心がなくなり、世界中に離散する組織や個人の形態。

    そんなノマド社会に、いやがおうにも巻き込まれつつあります。

    このトークイベントでは、 『ノマド化する時代』 著者の大石哲之さんと、『企業が「帝国化」する』 著者の松井博さんが、ノマド化する社会の現状と 21 世紀の仕事の行方、そして私たちが生き残るためにすべきことを語ります。

    対談テーマ
    • 雇用の形態は多様化がもたらす「契約労働=ノマド」の時代
    • 世界の最先端では、雇用の形態は、どのように変化しているのか?
    • IT がもたらしたフラット化が、20億人の参入を生む
    • 21 世紀の仕事の行方?
    • 安全をお金でかう?
    • 優遇されるハイパーノマド
    • 下層ノマドの恐ろしい現実
    • 中間層は何処へいくのか?ラストワンマイルジョブ

    * こちらのセミナーはチケットの発行をいたしません。当日受付でお名前の確認をさせていただきます
    * 20:00以降の入場はできませんのでお気を付けください

    参加資格

    大石哲之/著 『ノマド化する時代』 、松井博/著 『企業が「帝国化」する』 のどちらかの書籍を購入された方、または当日書籍をご購入いただける方

    申し込み方法

    申し込みフォーム からお申し込みください。(満席です)

    ゲストプロフィール

    大石哲之(おおいし・てつゆき)

    1975 年生まれ。大石哲之事務所代表、株式会社ティンバーラインパートナーズ代表取締役、タグボート株式会社監査役。慶應義塾大学卒業後、アンダーセン コンサルティング(現アクセンチュア)を経て、学生のキャリア支援ベンチャーを共同創業、その後コンサルタントとして独立し、著作活動を始める。
    近年は、グローバル時代のキャリア、ノマドに関する言説が注目を浴び、会員制のサロンを主宰、世界中から参加するメンバーと日々熱い議論を戦わせている。 ベストセラー『3分でわかるロジカルシンキングの基本』『よくわかるコンサルティング業界』(日本実業出版社)、『過去問で鍛える地頭力』(東洋経済新報 社)、『コンサルタントの読書術』(tyk publishing)他、著書多数。

    松井博(まつい・ひろし)

    神奈川県出身。地元の高校を卒業後、渡米。オハイオ・ウエズリアン大学卒業。沖電気工業、 アップルジャパンを経て、2002 年に米国アップル本社の開発本部に移籍。iPod やマッキントッシュなどのハードウエア製品の品質保証部のシニアマネージャーとして勤務。2009 年に同社を退職し、教育事業を創業。
    主な著書に『企業が「帝国化」する アップル、マクドナルド、エクソン~新しい統治者たちの素顔』『僕がアップルで学んだこと 環境を整えれば人が変わる、組織が変わる』(アスキー新書)がある。