商品詳細

[電子書籍]コミュニケーション回避系男女のための失敗しない会話入門

[電子書籍]コミュニケーション回避系男女のための失敗しない会話入門

電子書籍
価格: 400円(税込)
個数:
  • 発売日2013.10.22
  • ISBN978-4-7993-8103-8

商品概要

人とうまく話せない。人からKYと言われる。目上の人と話をするときに過剰に緊張してしまう。言いたいことが言えない…
ここにあげたことは「コミュニケーション」に関する悩みです。多かれ少なかれ、このように悩んだ経験は誰にでもあるのではないでしょうか?

商品説明

・ご購入いただいた電子書籍は、ビューワに自動登録されます
はじめて電子書籍をご購入の方へ(電子書籍の読み方)
-----------------------------------------------------

人とうまく話せない。人からKYと言われる。目上の人と話をするときに過剰に緊張してしまう。言いたいことが言えない…
ここにあげたことは「コミュニケーション」に関する悩みです。多かれ少なかれ、このように悩んだ経験は誰にでもあるのではないでしょうか? そのときはもちろん気になるでしょうが、時間がたてば忘れたりする方がほとんどでしょう。
ただ、普段の日常生活からコミュニケーションに対する苦手さを過剰に意識する余り、人と接することを避けてしまい社会生活に支障を来たしてしまう場合があります。
このような状態を「コミュ障」という言葉で表現されるようになりました。これはこの2、3年くらいで若者たちに広がり、社会で認知されるようになった言葉です。
コミュニケーションのパターンはここ数年激変しています。顔を突き合わせたリアルの対話は減り、メールやネットでのコミュニケーションが当たり前となりました。場の空気を共有するリアルコミュニケーションは煩わしさがあります。リアルな場面での顔をつきあわせたコミュニケーションに苦手意識を持つ人たち、「コミュ障」の人たちにとっては生きやすい社会になったのでしょうか?
しかし実はそのようなコミュ障の人たちはますます生きにくい社会になっています。高学歴なら通用した時代は終わり、評価価値基準は人物重視となりました。ますますコミュニケーションが重視される社会、コミュ重社会となっているのです。
コミュ障は、コミュニケーションの不足や苦手だけではありません。コミュニケーションをしすぎて相手を困らせることだって、コミュ障です。能力の不足でなく、能力の偏り・出来不出来が大きいのです。
筆者が日々働く精神科・心理臨床現場においても、コミュニケーションに悩みを抱えた人たちが数多く相談に訪れます。実際の相談現場の経験をもとに、コミュ重社会を生き抜く術を伝達します。
(「はじめに」より)

目次

 はじめに
 
具体的な考え方
 話が苦手なら、聴くだけでも良い。7:3を意識して!
 会話をする際の心構え
 
こうすればうまくいく~マイクロ技法を積み重ねよう~
 基本的コミュニケーション
 積極的傾聴法(active listening)とは
 行動観察法 興味のタネを探す
 質問法(closed questionとopen question)
 ほめる力をつけよう ほめ力は万能!
 アサーティブな生き方
 言いたいことを我慢せず、適切な方法で表現していく
 さあやってみよう 行動療法のすすめ
 感情に働きかけるコミュニケーション技法
 上手な自己開示をする
 その会話で相手は楽しかったか、あなたにまた会いたくなるか
 笑顔で会話しよう
 
状況別コミュニケーション方法
 場所選び
 複数人数でのコミュニケーション
 自分がファシリテーター、進行役をしなければならない場合
 メールでのコミュニケーション
 チャットでのコミュニケーション
 
実際の行動・練習
 プレゼンテーション、発表でのリラクゼーション方法
 具体的な発表準備
 場数をとにかく踏んでみる
 自信をつける練習をする 自分で自分をほめる
 
自信のつけ方
 セルフエスティームを向上しよう!
 セルフエスティームを向上する具体的方法
 患者さんも笑顔で退出する5分コミュニケーションの技法とは?
 二人で練習する場合
 ルーティンとは
 モデリングのすすめ
 
異性とのコミュニケーション
 
 あなたが女性で、男性とコミュニケーションをとる場合
 べからず法則を知ろう!
 あなたが女性で、女性とのコミュニケーションをとる場合
 
人間は一人では生きていけない。コミュ障だから、不安や痛みがわかる。コミュ障だから、うまくいく。