商品詳細

無駄なく、豊かに、美しく生きる30のこと

無駄なく、豊かに、美しく生きる30のこと

紙の書籍
価格: 1,836円(税込)
フォーマット
紙の書籍
電子書籍
価格
1,836円
1,360円
  • 発売日2011.11.15
  • ISBN978-4-7993-1087-8
  • ページ数300P

商品概要

無駄なく、豊かに、美しく生きるための衣食住のそれぞれについて30のキーワードでまとめたものです。

商品説明

電子書籍」も販売中です。
-----------------------------------------------------


ただの無駄のない生活にはあきたらないあなたへ

21世紀も10年を過ぎた今、わたしたちの幸福の価値観も変化してきました。
今の時代を生きるわたしたちにとって、豊かさとは、目に見える豪華さだけのことではありません。質素の中にも、奥の深い豊かさを感じることができます。
つまり、本当の幸福とは、富の豊かさを追求するのではなく、美しさを真摯に求めることとにより、得られるものではないでしょうか。日常で使うものも、生き方も、美を基準にすることで、本当の意味で豊かな暮らしをおくることができるのです。

本書は、無駄なく、豊かに、美しく生きるための衣食住のそれぞれについて30のキーワードでまとめたものです。シンプルかつ豊かな暮らしをおくるために必要な具体的な知識をお伝えしていきます。
真の贅沢とは何かを知り、本物に出会う機会を増し、不相応な豪華さに惑わされることからも、無用な執着の多くからも解放されることに、その時々の身のほどに合わせて、無理なく、無駄なく、常にシンプルに、バランスよく生きることに、きっと役立てることができるでしょう。

目次

1 不注意から起きる無駄をなくす 
衣装編 そもそも汚さない 
料理編 そもそも失敗しないように、注意深く調理する 
住まい編 無駄な動作をなくし、無駄な事故を回避する 

2 使い切る
衣装編 とことん着尽くせば無駄遣いではない 
料理編 食材をロストフードにしない 
住まい編 無駄なものでふさぐと、無駄な空間が生まれる 

3 「好み」と「似合うもの」を一致させる 
衣装編 似合うものを知ってから、自分らしさを追求する 
料理編 目が求めているものではなく、身体が求めているものを食べる 
住まい編 テイストに合ったものしか置かない 

4 自分の定番を持つ 
衣装編 自分のお衣装の「これ」を決めておく 
料理編 助けてくれる定番料理を持つ 
住まい編 合理的でない習慣を見直すとき 

5 アイテムを減らす 
衣装編 アイテム集めというファッションの罠に引っかからない 
料理編 食器の種類をそろえるより、テイストを統一する 
住まい編 家具は生活行為によって厳選する 

6 便利さから脱却する 
衣装編 美しくなければくつろげない 
料理編 いつでも手づくりの常備菜を用意する 
住まい編 手作業と自動作業とのバランスをとる 

7 情報を正しく選ぶ 
衣装編 買わなくても、日ごろからよいものを見ておくこと 
料理編 グルメ情報もいいですが、食の安全に関する情報も 
住まい編 購入の予定はなくても、新技術の情報を常に仕入れる 

8 消費願望とうまくつきあう 
衣装編 消費願望に動かされない自分を確立する 
料理編 真剣に食品を選べば、消費願望をセーブできる 
住まい編 キッチン雑貨は生活が美しくなるものしか買わないこと 

9 時間を上手に使う 
衣装編 センスを磨いて、着るものに悩む時間を減らす 
料理編 買いものと下処理の時間を存分に楽しむ 
住まい編 出したものはしまい、気づいた汚れはその都度拭く 

10 メンテナンスの技術を身につける 
衣装編 クリーニング屋さんを過信せず、できるだけ自分の手でケアする 
料理編 自分がものや環境に与えている負担を減らす 
住まい編 から拭きは、汚れをつきにくくする 

12 美しくないものは使わない 
衣装編 自分の美的感覚に合っているものだけを手に入れる 
料理編 道具は、美しいかどうかで選ぶと失敗しない 
住まい編 美意識が高まれば、目障りなものは消える 

13 本物を知る 
衣装編 長く着られる数少ない本物をそろえる 
料理編 空間、人、食器、素材、お味、すべてで本物の食事が決まる 
住まい編 十分に活用され、住まう人にとって心地よい空間が、本物の住まい 

他、全30項目

著者からのメッセージ

わたくしたちが日常に使うものは、ずいぶんと変わってきました。そこで現代の日本人がなくしたのが、美意識、美的感覚です。

昔の生活用品に戻りましょう、といいたいのではありません。わたくしたちの時代の日常品を美しいものにしていくべきだと思います。
それが、美的感覚を取り戻す唯一の方法です。

美しくないものは使わないと宣言すれば、無駄なものが--
あなたの持ちものからはもちろん、市場からも--減るのです。