商品詳細

スピーチ世界チャンプの魅惑のプレゼン術

スピーチ世界チャンプの魅惑のプレゼン術

紙の書籍 Speaker Leader Champion
価格: 1,836円(税込)
フォーマット
紙の書籍
電子書籍
紙+電子書籍セット
価格
1,836円
1,360円
2,516円
  • メーカーディスカヴァー
  • 発売日2015.4.17
  • ISBN978-4-7993-1656-6
  • ページ数324P
  • サイズ四六判・並製 /

商品概要

122ヶ国で29万人がスピーチ力を磨くトーストマスターズ90年の集大成。誰でも、世界レベルの感動スピーチができるチェックポイント91

商品説明

世界標準の「スピーチの教科書」登場!
約3万人がエントリーするトーストマスターズ国際スピーチコンテストの歴代優勝者11人のスピーチを徹底分析。聞き手の「心を動かす極意」を解き明かしました。

「話題の選び方」「構成方法」から「話し方」「資料の作り方」「不安の克服法」まで、あらゆるプレゼンやスピーチに使える大切な「話し方の原則」を学べる1冊です。さらに、付章として「チャンピオンが教える優勝の極意」全31を公開。

著者はベストセラー『TEDトーク 世界最高のプレゼン術』著者のジェレミー・ドノバン。そして、トーストマスターズ国際スピーチコンテスト史上最年少優勝者のライアン・エイヴァリー。

トーストマスターズとは…
世界122ヶ国で29万人の会員が「話し方」「パブリックスピーキング」「リーダーシップ」を学ぶ国際的非営利団体。90年の活動の歴史があります。日本には約180のクラブがあり、4,000名が活動を続けています。

「91のチェックポイント」の一部を紹介!
 2  コア・メッセージを絞り込んだか?
 19 結論で行動を誘発しているか?
 27 メンターを登場させているか?
 36 早い段階で笑いを取っているか?
 52 スピーチ原稿を容赦なく削っているか?
 58 声の高さに変化をつけているか?
 65 基本姿勢を決めているか?
 75 小道具に意味を持たせているか?
 88 話す速度を落としたか?……e.t.c.

「付章:チャンプが教える優勝の極意」の一部を紹介!
 極意6  ストーリー1つ、要点1つに絞る
 極意9  質問で聞き手の意識をノックする
 極意14 好かれようと思うな。世界を変えようと思え
 極意21 原稿通りに話さなくてもいい
 極意24 聞き手に不意打ちを食らわせてはいけない
 極意29 聞き手が考えていそうなことからスピーチをはじめる……e.t.c.


(「はじめに」より)
本書は、トーストマスターズ国際スピーチコンテストの世界チャンピオン11人のスピーチを分析し、体系化したものです。彼らのテクニックは、国際スピーチコンテストに限らず、あらゆるスピーチやプレゼンの場に応用できる「話し方の原則」です。

トーストマスターズをご存知ない方のために、同団体の説明を借りてご紹介しましょう。「トーストマスターズ・インターナショナルとは、世界中のネットワークを通して、スピーチとリーダーシップのスキルを教える非営利の教育団体」です。2013年7月1日現在、122カ国、1万4,350以上のクラブがあり、29万2,000人以上の会員たちが、月に1回以上行われる例会に集まって研さんを積んでいます。

さあ、始めましょう。あなたが、スピーチ力を身に付けて飛躍的にキャリアアップを果たした先輩たちの仲間入りをする日も近いと、わたしたちは信じています。

目次

謝辞
はじめに ─「人前で話す力」が、ビジネス・リーダーを育てる

第1章 心を揺さぶる話題を選ぶ
 checkpoint1 スピーチの目標は決まっているか?
 checkpoint2 コア・メッセージを絞り込んだか?
 『究極の問い』 ランス・ミラー(2005年優勝)
 checkpoint3 コア・メッセージに人を感動させる美徳があるか?
 checkpoint4 聞き手に聞いてもらいたい理由は明確か?
 checkpoint5 あなたはその話題のエキスパートか?
 checkpoint6 話題について徹底的に調べたか?
 checkpoint7 聞き手の知識や理解力に合わせたか?
 checkpoint8 あなた自身の心が動く話題か?

第2章 スピーチを構成する
 checkpoint9 六つの構成方法を押さえているか?
 checkpoint10 トピック型スピーチで情報を伝える
 checkpoint11 序論でコア・メッセージをはっきり提示したか?
 『何たる幸運』 ジョック・エリオット(2011年優勝)
 checkpoint12 序論で聴衆を引き込む三つの方法
 checkpoint13 接続詞を効果的に使っているか?
 checkpoint14 スピーチ中に要点を繰り返しているか?
 checkpoint15 話の順番に気をつけているか?
 checkpoint16 伏線はすべて回収したか?
 checkpoint17 序論の話題を結論でコールバックしているか?
 checkpoint18 結論で、コア・メッセージと要点をまとめて伝えているか?
 checkpoint19 結論で行動を誘発しているか?
 checkpoint20 比較型スピーチは使わない
 checkpoint21 「状況→障害→決断」で構成しているか?
 checkpoint22 棒読みスピーチをしていないか?

第3章 ストーリーを語る
 checkpoint23 ストーリーを入れているか?
 checkpoint24 ストーリーを追体験しているか?
 『ついてない日』 エド・テイト(2000年優勝)
 checkpoint25 典型的キャラクターを描き出しているか?
 checkpoint26 強力な敵を主人公と対決させているか?
 checkpoint27 主人公を導くメンターを登場させているか?
 checkpoint28 いちかばちかのクライマックスがあるか?
 checkpoint29 ストーリーの教訓を伝えているか?
 checkpoint30 ストーリーを3幕で構成したか?
 checkpoint31 聞き手を話の舞台に引き込んでいるか?
 checkpoint32 ストーリーの種類と展開方法を考慮したか?
 checkpoint33 聞き手に合わせて専門的話題を扱っているか?
 checkpoint34 専門用語を使っていないか?
 checkpoint35 万人に響くメッセージを選んだか?

第4章 ユーモアを磨く
 checkpoint36 早い段階で笑いを取っているか?
 『いててっ!』 ダーレン・ラクロイ(2001年優勝)
 checkpoint37 どんなスピーチにもユーモアを
 checkpoint38 三つのユーモアを使い分けているか?
 checkpoint39 ユーモアをたたみかけているか?
 checkpoint40 声と体と顔の表情を使ってユーモアを増幅させたか?
 checkpoint41 メッセージを引き立たせるユーモアを使っているか?
 checkpoint42 聞き手が笑う間も、キャラクターを演じ続けているか?

第5章 聞き手の感情を揺さぶる
 checkpoint43 複数の感情を表現しているか?
 『ファットダディから学んだこと」ランディ・ハーヴェイ(2004年優勝)
 checkpoint44 声、動作、表情が真摯な感情を伝えているか?
 checkpoint45 感情を表現する。だが、我を忘れてはいけない

第6章 スピーチ原稿を練りあげる
 checkpoint46 平易で短い文章でメッセージを伝えているか?
 『銀の銃弾』 デイヴィッド・ブルックス(1990年優勝)
 checkpoint47 五感で感じ取れる言葉を使っているか?
 checkpoint48 キャッチフレーズを効果的に使っているか?
 checkpoint49 項目数による効果の違いを使い分けているか?
 checkpoint50 有名人の名言を安易に引用していないか?
 checkpoint51 意図的に聞き手をミスリードしているか?
 checkpoint52 スピーチ原稿を容赦なく削っているか?
 checkpoint53 聞き手が反応する時間を見込んでいるか?
 checkpoint54 好奇心を刺激するタイトルをつけたか?
 checkpoint55 タイトルはできるだけ短くしたか?

第7章 言葉を伝える技術を磨く
 checkpoint56 自然で真摯に話しているか?
 『セカンドチャンス』 マーク・ブラウン(1995年優勝)
 checkpoint57 話す速度と声の大きさに変化をつけているか?
 checkpoint58 声の高さに変化をつけているか?
 checkpoint59 つなぎ言葉を使わないように練習しているか?
 checkpoint60 沈黙の力を活用しているか?
 checkpoint61 外国語でのスピーチはゆっくり話す

第8章 非言語コミュニケーション
 checkpoint62 スピーチ前に、パワーを補給しているか?
 checkpoint63 自信に満ちた態度で壇上に上っているか?
 checkpoint64 話す前に、聞き手とアイコンタクトし心を通わせているか?
 checkpoint65 基本姿勢を決めているか?
 checkpoint66 一人ひとりとアイコンタクトしているか?
 checkpoint67 メッセージと場面にふさわしいジェスチャーを心がけているか?
 『信頼がなくては』ライアン・エイヴァリー(2012年優勝)
 checkpoint68 最初と最後はステージ中央前方に立っているか?
 checkpoint69 キャラクターにわかりやすい個性をつけているか?
 checkpoint70 自然なしぐさを心がけているか?
 checkpoint71 プレゼンが終わったらすぐにステージを降りていないか?
 checkpoint72 自信を感じさせつつ静かに退場しているか?
 checkpoint73 親しみのわく服装を選んだか?

第9章 効果的な視覚資料を作る
 checkpoint74 小道具を効果的に使っているか?
 『アヴィエーター』 デイヴィッド・ヘンダーソン(2010年優勝)
 checkpoint75 小道具に意味を持たせているか?
 checkpoint76 本当にスライドは必要か?
 checkpoint77 最初に絵コンテを作ったか?
 checkpoint78 デザインはシンプルにしたか?
 checkpoint79 箇条書きや番号で読みやすくしたか?
 checkpoint80 カテゴリーデータには棒グラフを使う
 checkpoint81 相対的重要性を強調するなら円グラフを使う
 checkpoint82 直感的に理解できる適切なグラフを選択したか?
 checkpoint83 画像でプレゼンを盛り上げているか?

第10章 恐怖心と不安を克服する
 checkpoint84 恐怖心を受け入れているか?
 checkpoint85 事前にフィードバックをもらっているか?
 『話そう!』 ラシャンダ・ランドルズ(2008年優勝)
 checkpoint86 事前に会場を下調べしたか?
 checkpoint87 スピーチ前のストレスを減らしたか?
 checkpoint88 話す速度を落としたか?

第11章 無心でスピーチするために
 checkpoint89 スピーチの順番は気にしない
 checkpoint90 ルールがないのがルール
 『充足感の秘訣』 クレイグ・ヴァレンタイン(1999年優勝)
 checkpoint91 スピーチのスキルを一つずつ磨いているか?

付章 チャンプが教える優勝の極意

推薦メッセージ

聞き手から、心を動かす力強い話し手になるにはどうしたらいいかがわかる。すぐれたプレゼンを作る極意を明らかにしており、読み応えがあって、実践しやすく1冊だ。
- アダム・グラント(ウォートン校教授。『GIVE&TAKE「与える人」こそ成功する時代』著者)

会議室で、教室で、食堂で……。どんなスピーチでもあっても、本書のチェックポイントに従えば大胆で魅力的で信頼されるスピーチができるようになる。
- マット・エイブラハム(スタンフォード大学ビジネススクール講師)