商品詳細

「食事」を正せば、病気、不調知らずのからだになれる

「食事」を正せば、病気、不調知らずのからだになれる

紙の書籍 ふるさと村のからだを整える「食養術」
価格: 1,620円(税込)
フォーマット
紙の書籍
電子書籍
紙+電子書籍セット
価格
1,620円
1,200円
2,220円
  • メーカーディスカヴァー
  • 発売日2016.5.13
  • ISBN978-4-7993-1863-8
  • ページ数240P
  • サイズA5判変形・並製 /

商品概要

今日からカンタンにできる! 自分と家族のからだが劇的に変わる「食事」の始め方。いま食べているもの、もう一度見直してみませんか? 肥満、不眠、アレルギー、糖尿病、ガンなど、さまざまな病気、不調に悩む人を、「食」で健康に導いてきた著者による、初の著書。

商品説明

日本人が昔から食べてきた食事、もう一度見直してみませんか? 肥満、生理不順、冷え、アレルギー、糖尿病、ガン……30年間、あらゆる人のからだの不調を改善に導いてきた著者が語る食事とは?

・ 日本人に「塩」は大事
・ 漬け物と梅干しはスーパーフード
・ 調味料は昔ながらの作り方のものを選ぶ
・ 魚類は、頭からしっぽまで食べられるものを
・ 一口30回は噛む
・ 食事と食事の間は15時間以上空ける

どんな人の体にも、「自然治癒力」が備わっています。けれども、現代は「食」の誘惑がいっぱい! 知らないうちに、体本来の力を低下させ、不調や病気を引き起こす食生活を送っているかもしれません。病院やお医者さんのお世話になる前に、食事を正すことで、体を変えることはできます。まずは、日本人が昔から食べてきたものの「力」を、あらためて見直すこと。そして、日々の習慣と化している「食べ方」を振り返ってみること。

本書では、いま何を食べるべきか、何を食べてはいけないのか、そして、どう食べるべきかを、豊富なイラストとともにお伝えしていきます。

目次

はじめに

第1章 私たち日本人の体に合う食事とは?
1 医者いらずの「食養」のルーツは、江戸時代生まれの祖母の食事
2 「一汁三菜」に「梅干し」と「漬け物」が基本
3 今食べるものが、20年後の体をつくる
4 調理のプロセスが感性を磨き、人を聡明にしま
5 日本人にとって、「肉類」は非日常食
6 「酵素」を摂る食事習慣を
7 ときには「食べないこと」が、体を整え、癒す
8 食欲をコントロールし食事を正すことが「健康寿命」につながる
Column1 アメリカ発「伝統的日本食のススメ」~マクガバン・レポート~
Column2 若返りのスイッチ「サーチュイン遺伝子」

第2章 本来の「体の力」を目覚めさせる
9 ふるさと村の主食は活きた生命の米、「玄米」
10 「塩」は何よりも大事
11 じっくり熟成され、国産丸大豆で造られた本物の「しょう油」を摂る
12 1日1回、天然醸造の味噌でつくる「味噌汁」を
13 日本人の生命(いのち)を救い、はぐくんできた「梅干し」の力
14 植物性乳酸菌は日本の伝統食「漬け物」から摂る
15 体の働きを助けてくれる天然醸造のお酢
16 油はそもそも日本人にはなじみ難(にく)いもの
17 白砂糖は、百害あって一利なし
18 毎日の食事に欠かせない
19 体を温めてくれる「根菜類」
20 「朝の果物やシリアルは体にいい!」にひそむ落とし穴
21 「海藻類」は日本人の体に不足しがちなアルカリ性成分を補ってくれる栄養食
22 長生きのもと「菌類(キノコ)」はシンプルに食す
23 先人の知恵が詰まった昔ながらの「乾物」「加工食品」
24 「魚介類」はまるごと食べられるものを
25 ふだん飲むお茶もひとつの「食材」と考える
26 食を「楽しむ」ために、ふだんの食事で「健康貯金」を!

第3章 ふるさと村の食事で体と心の健康を取り戻した人たち
27 すべての病気や不調は汚れてしまった血液から始まる
28 拒食と過食の繰り返しによる「肥満」から脱し、本来の健康を取り戻したゆうこさんの場合
29 「アトピー」を食養と断食で克服したたまえさんの場合
30 カルシウム不足による「リウマチ」を克服したようこさんの場合
31 「糖尿病」の失明による失意のどん底から、希望の光を見い出したゆうたさんの場合
32 「乳ガン」に打ち勝ち、仕事に復帰したくにこさんの場合
33 入院生活を乗り越えたれいこさんの場合
34 水も飲めず、闘病で弱り切った体を克服した、やすこさんの場合
35 冷えは、万病のもと
36 食べる楽しみを味わい尽くす、10日に一度の「ごほうびディナー」

第4章 驚くほど体が変わる「ふるさと村の食養生活」現代実践編
37 マイペースに「食養生活」をスタートしてみませんか?
38 いつでも、どこでも、今日からできる
39 ひとくち30回以上噛む
40 1日1回、胃袋を休める「休食時間」をとる
41 いつでもすぐ食べられるように「玄米貯金」を
42 正しい調味料や食材は便利に手に入る時代
43 突然完璧を目指さず、力を抜くことが続けるコツ
44 さあ、体を変えましょう!

ふるさと村の食養生活への道
おわりに

ニュース

・累計 8 万部を突破しました