商品詳細

おいしいお酒の選び方

世界で一番わかりやすい

おいしいお酒の選び方

紙の書籍 (携書 169)
価格: 1,080円(税込)
フォーマット
紙の書籍
電子書籍
紙+電子書籍セット
価格
1,080円
800円
1,480円
  • メーカーディスカヴァー
  • 発売日2016.7.13
  • ISBN978-4-7993-1924-6
  • ページ数262P
  • サイズ新書判・並製 /

商品概要

ワイン、日本酒、カクテル、これ1冊でハズさない! 一生おいしいお酒「だけ」を飲みたいあなたへ。デート相手から「センスいいね」とほめられた! 店員さんと話すときの不安がゼロになりました! もっと若いころに知っておけば・・・など反響続々!

商品説明

この本は、お酒を選ぶために「絶対に」必要な情報だけを整理し、プロやマニアだけが知っていればいいようなウンチクを徹底的に省いた、世界で一番わかりやすいガイドブックです。

また、「店員に好みを伝える魔法のフレーズ集」や「いまさら聞けないマナーのキホン」、「店員からも一目置かれる食事との合わせ方」など、お酒選びだけではなく、お酒にまつわるすべての不安をキレイさっぱり洗い流すためのコンテンツを、厳選して収録しています。

おいしいお酒を選ぶのに、お酒に詳しくなる必要はまったくありません。シンプルなルールさえ身につければ、プロのように詳しくならなくても、お酒の世界は もっともっと楽しめるんです!

【ワイン編】
・まずは「品種以外すべて無視」でいい
・「2000円以下のスパークリング」ならカヴァ一択
・サングリアをお店で頼んではいけないワケ
・なぜ、プロはまずハウスワインから頼むのか?
・「賞」や「ワイン通がつけた点数」は一切気にしないでいい
・グラスワインが赤白3種類あればいいお店の証

【日本酒編】
・「ツウは辛口」ではなく「ツウは甘口」
・はじめましての日本酒の味をだいたい見抜く方法
・日本酒は悪酔いしやすいはウソ
・日本酒は「高いお酒」から頼むのが正解

【カクテル編】
・ショートカクテルは10分、ロングは20分で飲みきる
・厳選! 「男女別」×「お酒の強さ別」定番カクテルトップ3

<収録コンテンツ>
・絶対ハズさない!「予算別日本酒・ワインリスト」
・店員からも一目置かれる「食事との合わせ方」
・いまさら聞けない「マナーのキホン」
・一瞬で店員に好みを伝える「魔法のフレーズ集」
・一度見たら忘れない「ワインの品種キャラ化図鑑」
・これで間違いなし!「グラスワインモデルルート」
・季節の味覚と!「春夏秋冬ワイン・日本酒モデルルート」

目次

ガイダンス できればおいしいお酒「だけ」を飲みたいあなたへ

第1章 おいしいワインの選び方

1.基本編

軸を持っていれば、おいしいお酒「だけ」を飲めるようになる!
 ワインに「つまずかない」ためのポイントは3つだけ
 これだけ知っておけば恥をかかない! ワイン界7つの「共通言語」とは?
 コスパを決める大事な要素
 単一品種とブレンドって、どっちがいいの?

ワイン選びは品種こそすべて
 たったこれだけ! ブドウの品種は「赤5白3」でOK!
 赤ワインは「派閥選び」からはじまる
 ボトルの「形」を見れば味がわかる!
 赤ワイン5品種を女の子でたとえたら……?
 頭の片隅に置いておきたい赤ワイン「2軍」ブドウ
 「コーヒー派」か「ワイン派」かを聞けば、赤ワインの好みが一瞬でわかる
 白ワイン3品種を女の子でたとえたら……?
 頭の片隅に置いておきたい白ワイン「2軍」ブドウ
 「しめさば」の好みを聞けば、白ワインの好みが一瞬でわかる
 一瞬で店員に好みを伝える魔法のフレーズ集

わかったようでわからないワイン界の「脇役」たち
 ロゼワインは「雰囲気づくり」のお酒?
 ビオワインって結局おいしいの?
 サングリアを頼んではいけないワケ

2.店飲み編

おいしいワインの「頼み方」
 「とりあえずビール」って失礼?
 プロがまず「ハウスワイン」から頼むワケ
 「オススメください」は地雷ワード
 予算を伝えると店員は喜ぶ

ワインと食事を合わせるのは意外にカンタン
 「前菜」「魚」「肉」とのシンプルな合わせ方
 地元の食べ物は地元のワインと
 店員からも一目置かれる! グラスワイン「最強モデルルート」
 今の季節に合わせて! 「春夏秋冬モデルルート」

おいしいお店の「見分け方」
 グラスワインが赤白3~5杯ずつあれば間違いない
 避けるべきは「匂いに鈍感なお店」

もう店員の目が気にならない!ワインのマナーは至ってシンプル
 グラスってどう持つのが正解?
 テイスティングってどうすればスマート?
 乾杯ってグラスをぶつけていいの?
 ボトルはどう注ぐべき? どう注がれるべき?
 お店側が「聞けないけど、知っておきたい」と思っていること

3.宅飲み編

「ハズさないワイン」との出会い方
 安いワインはコップのほうがおいしい
 「コルクのほうが高級」は前時代の話
 予算2000円で酒屋・輸入食料品店を探す
 スーパー・コンビニでも買える「絶対ハズさないワイン」を一挙紹介!
 「国内産ワイン」は買ってはいけない
 「人気者になれる持ち寄りおつまみ集

おいしい飲み方・保存のしかた
 ワインってどのくらいの温度で飲めばいいの?
 ワインって冷蔵庫で保管していいの?

第2章 おいしい日本酒の選び方

1.基本編

世界が熱狂する日本酒の「UMAMI」
 ワインはかお味噌汁が好きなら、日本酒も大好きだ
 日本酒の「こむずかしさ」の正体
 日本酒の通説はウソばかり
 (通説1)日本酒は悪酔いしやすい……。
 (通説2)日本酒のツウは「辛口」を頼む
 (通説3)日本酒ビギナーは「とりあえず飲みやすいやつ」でOK
 (通説4)日本酒の味は米で変わる
 日本酒選びは「造り」が決め手

日本酒選びは「翻訳」すればカンタンだ
 「卵焼きの好み」を聞けば、日本酒の好みが一瞬でわかる
 「はじめまして」の日本酒の味をだいたい見抜く方法
 精米せいまい歩合ぶあいは「削ってあるほどうまい」ではない
 「純米酒の方が本醸造よりうまい」ではない
 ラベルに表示されない「企業秘密」とは?
 意訳した「造り」はこんなにシンプル
 参考程度に! 「日本酒度」ってなに?
 もっと参考程度に! 「BY」ってなに?
 漢字一文字でわかる各お酒「ざっくりポジション表」
 「お気に入りビール」を聞けば、日本酒の好みが一瞬でわかる

2.店飲み編

おいしい日本酒の「頼み方」
 超酔っ払う前に、ちょっといいお酒を
 「お燗かん」の種類はたくさん、でも覚えるべきは上燗じょうかんだけ
 お燗は、じつは酔っ払いにやさしい

日本酒と和食のシンプルな合わせ方
 日本酒と和食「春夏秋冬モデルルート」

3.宅飲み編

家で飲む日本酒は、「買ってはいけない」を避けることから
 ラベルに「米の名前」が大きく書いてあるお酒はダウト
 賞は、ワイン以上に気にしなくていい
 めんどくさがりのための日本酒おつまみガイド
 酒匠・山口オススメ!「ハズさない名蔵元」リスト


第3章 おいしいカクテルの選び方

なんとなく行きたい、でもいつまでも行きたい
 バーの基本は「ノールール」
 なぜ、バーに通う人は1杯1000円のカクテルを喜んで頼むのか?
 いまさら聞けない! マナーにまつわる7つの疑問

おいしいカクテルの「頼み方」
 4つのスピリッツを知っておけば、あたふたすることはない
 厳選! 「男女別」×「お酒の強さ別」定番カクテルトップ3
 はじめてのウイスキー実践ガイド

あとがき

ニュース

・累計 8 万部を突破しました