商品詳細

なめらかなお金がめぐる社会。あるいは、なぜあなたは小さな経済圏で生きるべきなのか、ということ。

なめらかなお金がめぐる社会。あるいは、なぜあなたは小さな経済圏で生きるべきなのか、ということ。

紙の書籍
価格: 1,620円(税込)
フォーマット
紙の書籍
電子書籍
紙+電子書籍セット
価格
1,620円
1,200円
2,220円
  • メーカーディスカヴァー
  • 発売日2017.8.25
  • ISBN978-4-7993-2159-1
  • ページ数200P
  • サイズ四六判・ソフトカバー /

商品概要

「お金がすべて」の社会のその先に。クラウドファンディング、恩送りの社会。資本主義のアップデートが始まる。今、家入一真が伝えたい、新しいお金、経済の姿。

商品説明

この書籍は 8.25 発売です。書籍の発送は発売日となります。
---

個人の熱意がモノやサービスになったり、応援の気持ちがその人が生活していくことを助けたり。一昔前までは信じられなかったような世の中が今、確かにある。

もちろんそれは企業活動と比べたら規模の小さなものかもしれないけれど、彼らの熱い想いと活動に共感した人々が彼らの活動を夢見て、応援する優しい世の中は、僕たちの身の周りで静かに生まれているのだ。

今、家入一真が伝えたい、新しいお金、経済の姿。

目次

はじめに

第1章 「いい社会」って何だ?

01 海士町との出会い

02 現状に満足させない商業主義の終焉
「大」から「小」の時代へ
意義の多様化と生きる理由について

03 いい社会の条件

第2章 21世紀型の生き方と「小さな経済圏」の試み

01 新しい生き方を探してみよう

02 CAMPFIREの小さな経済圏への試み
地域の物語を発掘する
ものづくりを民主化する
カンパをもっと、身近にする

03 小さな経済圏の新しい貨幣のありかた
信用力という新しい貨幣
評価経済において注意しなくてはならないこと

04 小さな経済圏の中で平等であること

05 小さな経済圏で生きることを助ける試み
最小で究極の生き方、エコ・ビレッジ

06 小さく始めよう

特別対談1 家入一真×pha 「次の時代の生き方論」

第3章 小さな灯をともし続ける

01 CAMPFIREをアップデートする
クラウドファンディングはもっと自由になれる

02 小さな経済圏への環境整備
目指すのは金融包摂
ソーシャルレンディングで世界の選択肢を広げる
眠ったお金で社会をよくする

03 10年後のCAMPFIRE
テクノロジーが変える僕らの未来
言い訳をなくしたい

特別対談2 家入一真×谷家衛 「行きすぎた資本主義と CAMPFIREの役割」

おわりに

著者からのメッセージ

ささやかな助け合いから生まれる小さな物語が、クラウドファンディングの現場では日々、誕生している。グローバル経済や商業主義、会社、学校などの既存の大きな仕組みを「大きな経済圏」と呼ぶならば、個人レベルでつながりを持ち、支え合うコミュニティを僕は「小さな経済圏」と呼びたい。

そして、この「小さな経済圏」こそが、何かと生きづらくなった現代で、新しい生き方の鍵を握っているのだ。
(「はじめに」より)