商品詳細

心をつかむ技術 【30% OFF】

心をつかむ技術 【30% OFF】

紙の書籍
特別価格: 983円(税込) 価格:1,404円
  • 発売日2005.6.20
  • ISBN4-88759-384-8
  • サイズ四六判ソフトカバー /

商品概要

お客の心をつかみ、部下の心をつかむコミュニケーションの秘密とは?

商品説明

『7つの習慣』のスティーブン・コヴィと『頭がいい人、悪い人の仕事術』のブライアン・トレーシーが絶賛。
「心をつかむ」とは、客を買う気にさせたり、部下のモチベーションを高めたりするという意味です。本書には「ほめる」「期待をかける」など、デール・カーネギーの名著『人を動かす』以来の基本技術から、「貸しをつくる」「出し惜しみをする」など非常に現実的かつ現代的な技術まで、10の技術が紹介されています。裏づけとなる研究・調査結果や実例が豊富に述べられているため、わかりやすく、すぐに実践できます。

目次

心をつかむ技術1 ほめる
心をつかむ技術2 貸しをつくる
心をつかむ技術3 出し惜しみをする
心をつかむ技術4 期待をかける
心をつかむ技術5 「みんながこうしている」と思わせる
心をつかむ技術6 責任を感じさせる
心をつかむ技術7 連想させる
心をつかむ技術8 感情と論理の両方に訴える
心をつかむ技術9 絆をつくる
心をつかむ技術10 関わらせる

編集者メッセージ

訳者の弓場隆さんとは、5年を超えるコンビ。京都在住の弓場さんと私は、原稿をメールで何回も行ったり来たりさせて、訳文を少しでも読者に伝わりやすくするよう磨くのを毎回の習慣にしています。最後の校正時には、「てにをは」や改行、文字遣いなど細かな点にも及び朝から深夜まで、一日に何度も数時間にわたって電話で話し合うのが常です。ただし、白熱する議論の合間には、こんなやりとりも。 「弓場さん、社内で著者名を言ったら、『中国人みたいだ』って言われましたよ。たしかにモーテンセンていうのは『毛天銭』」みたいですねえ」  私がこう言うと間髪入れず弓場さんが、 「それをいうたらミンチントン(『うまくいっている人の考え方』などの著者)もでっせ。『民珍屯』とかね」 さすが関西人! ほっと一息ついて、さあ、議論の再開です。 (担当編集・藤田)