商品詳細

「婚活」時代

「婚活」時代

紙の書籍 (携書 021)
価格: 1,080円(税込)
フォーマット
紙の書籍
電子書籍
価格
1,080円
800円
  • 発売日2008.3.1
  • ISBN978-4-88759-623-8
  • ページ数200P
  • サイズ新書判ソフトカバー /

商品概要

もはや結婚はデフォルト(初期設定)ではない! だれでもそのうち自然に結婚することになるわけではない 「パラサイト・シングル」「格差社会」で知られ、「報道ステーション」等のテレビ・新聞・雑誌でもおなじみの…

商品説明

もはや結婚はデフォルト(初期設定)ではない! だれでもそのうち自然に結婚することになるわけではない 「パラサイト・シングル」「格差社会」で知られ、「報道ステーション」等のテレビ・新聞・雑誌でもおなじみの気鋭の家族社会学者山田昌弘教授と、結婚・恋愛・少子化をテーマに圧倒的な質量の取材と執筆・講演活動を続けるジャーナリスト白河桃子。今、日本で、結婚と恋愛の実態とその解明を語らせたら右に出る者のいない両氏による本書は、驚くべきスピードで進む晩婚化・非婚化の要因と実態を明快にリアルに伝え、まさに、『「婚活」時代』以前と『「婚活」時代』以後と時代を二分する衝撃の書といえよう。が、本書の本当の斬新さは、これが社会学の本であると同時に、具体的な「婚活」の方法と各種サービスの賢い活用法までを網羅し、いわば『婚活のすすめ』とも呼ぶべき実践の書ともなっている点である。

目次

目次
1 「婚活」時代の到来
ここまで似ている、結婚と就職
一九七五年、何が起こったか!?
「婚活」なしでは結婚できないetc.

2 結婚したくてもできない!
丸の内OL、年収二倍の法則!
結婚はもはや、生活必需品ではなく、嗜好品!
仕事も子育ても家事も女性に頼る男性たち 
日本男児は、今やすっかり受け身の王子様!
「頑固不断」な男たちetc.

3 「婚活」前時代VS「婚活」時代 
一九八〇年までは「出会い」が自動的に設定されていた
テレビドラマ『男女七人夏物語』が分岐点!?
結婚するきっかけもメリットも見つからない?etc.

4 彼と彼女が結婚できない理由

彼女が結婚できない理由 その1 周りにいい男がいない!
彼女が結婚できない理由 その2 いいと思った人にはもう相手がいる!
彼女が結婚できない理由 その3 恋人はいるが、結婚に踏み切れない
彼が結婚できない理由 その1 ムリ目の女性にばかり声をかけ、断られてしまう
彼が結婚できない理由 その2 声がかけられない
彼が結婚できない理由 その3 恋人はいるが結婚に踏み切れない

5 結婚したいのにできない社会的要因

交際機会が拡大するほど未婚化が進む?!
男性は、経済力とコミュニケーション力が魅力格差に
女性は、結婚相手に対する要求水準の高さが障壁に
女性たちよ、狩りに出でよ。男性たちよ、自分を磨けetc.

6 現代日本、「結婚」と「婚活」の実態

1 ここまで進化した! 結婚情報サービス
2 親の代理見合い
3 合コンも進化する!
4 出会いの意外な宝庫、ネット婚
5 西と東の国際結婚
6 花婿学校に見る男の婚活

7 四十歳からが結婚適齢期? 三十五歳からの婚活
揺れるアラウンド・フォーティ
再婚市場の変化etc.

8 成功する婚活
女性の婚活の最大のキーワードは、稼げる女性!
男性の婚活のキーワードは、生きる力とキッパリ告白!
基本は「囲い込み漁」

著者からのメッセージ

「婚活」は、「結婚活動」の略です。わたし(山田昌弘)は、家族研究を専門としています。なかでも、現代日本社会で、結婚がどのように変化しているのかということを一つの研究テーマにしています。結婚や恋愛を中心に精力的に取材しているジャーナリストの白河桃子さんからAERAの取材を受けていたとき、「結婚活動」についてどう思うかと聞かれました。結婚活動とは、就職活動のアナロジーとして作られた言葉です。今では、よりよい就職をするために、情報を集め、セミナーに通い、試験勉強をし、エントリーシートを書き、履歴書の写真をとり、面接用にスーツを整えるなど、さまざまな活動をします。就職のための予備校に行く学生も多くなってきました。学生たちは、これらの就職活動を、「就活」と称しています。同じように、よりよい結婚を目指して、合コンや見合い、自分磨きなど、積極的に行動をする人が出てきています。それらの活動を結婚活動と呼ぶことにしました。就職活動は略して「就活」だから「結活」でしょうか、いや、結活は発音がしにくいから「婚活」にしたらと提案したのが、このことばの由来です(初出『AERA』2007年11月5日号)。二人で意見交換する中で、昔と違って、結婚活動、略して「婚活」をしなければ、結婚がしにくくなっている時代に入った、という共通認識があるのがわかりました。そして、就活をサポートするものは、ハローワークや就職相談など公的なものから、セミナーや就職活動用ガイドブックまでいろいろあるのに、婚活をサポートするものはほとんどないことに気づきました。そこで、まず、現在の結婚状況から、結婚活動が必要になった理由や結婚活動の実態を描くものが必要ではないか、ということで、二人の研究、調査結果を出し合って、一冊にまとめようということになったのが、本書ができるきっかけです。おもに、山田が社会学に基づいた理論的部分を、白河さんが広汎な取材に基づいた実態部分を担当し、両者が交錯する部分を対談で補うという形をとりました。本書は、現代日本の結婚状況を理解するだけでなく、これから結婚を目指す人、そして、少子化対策に携わる人にも役に立つ本だと思っています。(山田昌弘 「はじめに」より)